Windowsタブレットもついに1万円台へ。

あのドスパラで、ついに1万円台のWindowsタブレットが発売になりました。価格が安すぎるし、ドスパラだし・・・と思っていたら、かなり高スペック!!販売価格が18500+税なので税込で2万円を切ります。デジノスDG-D08IWです。

何よりも薄型軽量なのがいいですね。なんと薄さ8.6ミリ!!重量も345gです。激安物だから重い、厚い・・・という常識を覆しています。

ディスプレイは8型。解像度は1280×800。iPadやAndroidだと解像度が高いほうがいいですが、Windowsタブレットを手軽に使いたい場合、あまり解像度が高くないほうが良いです。というのも既存の普通のWindowsソフトウェアがかなり使いにくくなるからです。この解像度は8型では十分ですね。そもそもそんなにハードに使わないでしょう??

さて、美徳といえば、この重量、この価格で、GPSやmicroHDMIを搭載していること。かなり使用範囲が広がります。1人一台!欲しいと思える仕様です。

残念なのは、ストレージが16GBとしかないこと。これではOFFICEなどの運用も厳しいです。ただmicroSDカードがあるので、データはすべてそちらで運用し、アプリケーションは使う物だけ入れておくという使い方でしょう。どちらにせよメイン機ではないはずなので、これで十分でしょう。現場調査、出先での使用、いろいろ運用が考えられそうです。耐震診断などの調査に非常に良さそうです。

Windows8.1 with Bingのおかげで、このような激安端末がどんどんでてきます。マイクロソフトも手を選んでいる場合じゃなくなったのか??この傾向はいつまで続くのか??いろいろ疑問がありますがとりあえず、Windows8系を敬遠していた人も試してみるか、と思える価格は歓迎です。

Diginnos DG-D08IW