超小型パソコンの可能性

マウスコンピューターのm-Stickが話題です。何しろ19800円で、手のひらにのるWindows8.1パソコンが購入できるのだ。販売すると即売り切れが続いていて今現在も入荷待ちになっています。

ただ小さいだけでなくHDMI端子がついているテレビでも利用できるのが最大のポイント。性能はソコソコですがこの大きさでどこでも使えるWindowsパソコンが手に入るのは衝撃です。

例えば、お客様の家でも、最近はだいたい液晶テレビ、それもHDMI端子があるのがほとんどです。プレゼンをする場合でもお客様のテレビの背面のHDMI端子につなげればテレビでプレゼンができるのです!!!これはノートパソコンやタブレットとは異なる使い方が想像できます。非力とは言え、Windows8.1。写真やちょっとした動画、プレゼン資料を入れて説明するのには十分です。また耐震診断も耐震診断ソフトを起動できるのでお客様の家でみんなで大きなテレビでリアルタイムに補強案を検討できます。もちろんキーボードとマウスなど必要ですし、USBハブも必要かもしれませんが、かなり手軽です。

意匠設計・リフォームでも軽量なCADなら動きます。そもそも非力なのでそこまで考えなくてもいいかもしれません。WiFiやbluetoothもあるし、MicroSDカードリーダーもありますので、32GBというストレージ容量でもなんとかなるでしょう。考え方次第ですね。

またフリーアドレスなオフィスにも有効ですね。ディスプレイだけ席に備え付けておき・・・好きな席で仕事をする。これもいいかもしれません。構造計算の場合は、USBプロテクトが多いので面倒ですが、ソフトウェアプロテクトになればその心配もありません。キーボード、マウス、本体をロッカーから出してきて・・・という夢の環境も。また在宅で仕事する場合も必要最低限のデータだけ持ち歩いたり、クラウドで・・・と考えると意外に実用的かもしれません。

実際に使って・・・と思ったのですが、またも買いそびれて(買うのかよ??)しばらく無理そうです。