Lavie UはWindowsタブレットの本命になれるのか?

NECが秋冬モデルを発表しました。概ね予想通り。Lavie Zも販売継続です。Xみたいにならなくて良かった!!

さて、目玉はやはり衰退傾向の著しい2-in-1タイプのLaVie Uですね。レノボとの協業もあり、このタイプは今後も投入してくるんだろうなと思いましたが、意外にも保守的でびっくりしました(まあアノ機種がアレだから当たり前ですが)。

新CPUともいえるCore Mを搭載し、ファンレスという魅力的なモデルです。ディスプレイは当たり前のようにフルHDであり、11.6型と10型に比べると若干大きめ。重量はタブレット部で約800グラム程度と若干重めです。キーボードは重く560gであり、しっかりしている印象があります。これは旧機と同じ感じです。上位モデルはデジタイザペンが付属しています。

正直スピード的には、atomより上ですが、バッテリー、重量とも、こなれた感がある一方、おもしろみに欠ける内容となっています。本命になるためには「買いたい!」という魅力が必要であり、この機種がWindowsタブレットの本命になるかは疑問です。Surface pro 3はこれより大きい画面で重さは同じくらいですし、性能も上です。ただし、Surfaceよりコンパクトですし、NECという安心メーカーというのも地味に魅力です。正直価格が15万円を超える設定になっているのは難ですが、意外にいいのでは??と思います。