iPadでJCOMのスマートテレビを楽しむ

今となってはそれほど珍しくもない、タブレットでテレビを楽しむスタイル。ワンセグ・フルセグは一般的になりましたし、Blu-rayレコーダーには、タブレットやスマートフォンと連係する機能が常識的になりつつあります。

そんななか、メーカーではなく、ケーブルテレビのJCOMのスマートテレビを試してみました。昨年とまったく違ったサービスで昨年加入した人(私)は浦島太郎状態です。

ハードウェア的には二つの機器が選択できます。Smart J:COM Boxは、主にJCOMのサービスを主眼に、Smart TV Boxはauのサービスとの連携を主眼に置いています。私は、Smart J:COM Boxを選択し外付けハードディスクで録画するスタイルを選択しました。

このサービスの特徴的なのは、3チューナーで、番組を視聴しながら裏番組を録画し・・・・さらに1チューナーあることを活かして、iPadなどのタブレットで、現在放送されている番組を見たり、録画をみたりすることができることです。対応機種はiPadとJCOMが提供しているAndroidタブレットです。

設定は簡単・・・のはずですが、アプリをダウンロードしてやってみてもうまくつながりません。説明を見ても分かりません。サーバーが見つからない・・・ということでLANケーブルを使って強引にWifiとBoxを接続したら・・・あっさり見つかりつながりました。

Wifi機器にもよるのでしょうけど、意外に電波が飛ぶので庭や隣家でも視聴することが出来ました。iPad2で試したのですが意外にきれいです。録画番組を見るのも手軽ですし、通常の放送を選択するのも手軽です。テレビは各部屋にあるわけではないでしょうから、持ち運べるテレビは意外に便利です。

外出先ではネットを通してストリーミングするサービスも今では当たり前になりましたが、パケット通信がかさみますので普通のユーザーには現実的ではありません。ソニーのように録画を手軽にスマートフォンなどに転送するサービスが現実的です。

ただもっと狭い範囲で考えるとJCOMのスマートテレビは現実的ですしわかりやすいです。JCOM独自の番組の管理も当然簡単なのもいいですね。

多機能より単純で使いやすいサービス・・・ということでしょうか?もう少しいろいろ出来たほうがいいと思いますが、これはこれで十分満足です。ネットでは不安定という書き込みも多く見られますが、実際どうなのか今後検証していこうと思います。