BlueStacksと相性のいいランチャー「Launcher 8 free」

Windowsパソコン上で、Androidのアプリを使いたい人はBlueStacksを入れている人も多いはず。ただ画面が大きいし閉まっておいても意味がないし・・・。

そんなとき、私がスマートフォンで使っていたランチャーのLauncher 8は便利です。スマートフォンのWindowsPhone8という日本未発売のバージョンの画面を真似したものですが、縦型の画面を画面右に固定でき、アプリを起動すると自動的にタブレットモードで拡大してくれる優れものです。

なのでWindowsのウィジェットのように置いておくと便利です。まあここまでするならWindowsのウィジェット使った方がいい!という人もいるかもしれませんが・・・。

image326(クリックで拡大)

上記は、わかりやすくするためHOUSE-ST1 Ver6を画面に表示していますが、重ね合わせでもこれだけスペースがあります(HOUSE-ST1の操作ができないじゃない!という突っ込みは置いておいて)。私の場合はデュアルディスプレイなので補助ディスプレイにランチャーを表示しています。鉄道の運行状況、天気、ニュース、渋滞情報、ツイッターなどを掲載しておくと便利ですね(注:私の使用時の画面とは違います。あくまで例です)。意外にも業務中スマホをいじらなければならないことが多いのですが、その場合でもこれがあれば安心ですね。