Aspire Switch 10

最近、あまり元気のないWindowsタブレット陣営ですが、この機種は久々に良さそうだな♪と感じます。

Aspire Switch 10は、日本エイサーが昨日から発売予定になっている、着脱式キーボードを備えた10.1型Windowsタブレットで、価格は4万5千円程度から。

低価格帯なので、解像度は1280×800と抑え気味ですが、表面はGorilla Glass 3を使っております。面白いのがキーボード側にハードディスク500GBを搭載しており本体の64GBのSSDと合わせて使う事が出来ます。以前Asusがやっていたものと同様ですね。

重量もタブレット本体で585g、キーボードとあわせて1.17kgと平凡と言えば平凡ですが、Let’s note RZ4のような高額なものをみんなが購入することができるわけではないので、このような機種は貴重です。

この機種の先輩格?のAsusのTransBookも新製品がリリースされており、Aspireと同様、ストレージを64GBにアップさせています。こちらもキーボードに500GBをのハードディスクを搭載、重量も1.17kgと・・・兄弟機でしょうか??数値、デザインは違うのですが??価格もASUSのほうが高いです。