格安SIMとモバイルルーターはちょっと・・・

格安SIMでスマートフォンやタブレットの運用が広がりました。実際はキャリアが値上げして、その隙間を埋める商品なんですが。そもそも「電話はほとんどしない(音声SIM)」「通信はそれほどヘビーに使わない(データSIM)」という方々が、安価に使うためのものであったはずなのですが。

本体に格納して使う場合、それほど感じないのですが、モバイルルーターに格安SIMだと限界を感じます。私の場合、MR03LNをOCNモバイルONEで運用しています。この組み合わせは、bluetoothテザリングでほぼ丸一日運用が可能であり、非常に有用なのですが、ノートパソコンで運用し続けると限界を感じます。もちろんメインの場所が合ってそこでアップデートなどを常にやっていれば問題ないのですが、数日MR03LNだけで運用しているといろいろ通信されてしまいます。まあ止めることもできるのですが。それとインターネットを閲覧するにもノートパソコンの場合、iPadなどと比べても通信量が多いようです。なのでグングン通信量が上がっていきます。MR03LNの場合液晶に使った通信量がほぼリアルタイムに表示されるため、結構恐怖です。今回はyoutubeなどのストリーミングもやってみましたが青ざめました。

よく考えれば、スマートフォンでテザリングを行ってノートパソコンで使うのも非常時に限定していましたし、その場合も結構パケットを食らって驚きましたからね。格安SIMじゃなくても通常のパソコンのように使うのは問題があります。だから格安SIMプラスモバイルルーターで運用する場合は、かなり注意が必要です。私は二日連続でパケット上限になりスピードダウンを味わいました。現在引越最中でテレビもひかり回線もないので仕方がないのですが・・・。常用回線には辛いようですが、便利なので、うまく使っていこうと思います。