戸建て住宅の意外と面倒な省エネ設計が面倒な理由

先日、省エネ計算のプログラマとお話ししたときに、「省エネ設計は比較的マスターが簡単」との意見を聞きました。私も同感です。ソフトウェアを見ても構造ほどパラメーターは多くありませんし、仕組みも明快です。ざっくり計算することも、詳細に計算することもあまり大きな違いがないのも特徴です。

しかし、うちの設計者などに聞いても「省エネ設計・計算は難しい」といいます。なぜこの差が生まれるのでしょうか?

戸建て住宅は、やることが少ないです。しかしながら省エネ設計するためには、断熱材や窓の性能や仕組みを知らないと難しいです。従来のように矩計図で仕様を書き・・・というのなら誰でもできるみたいですが、計算ともなるとその資料を集めなければなりません。そしてその用語が構造に比べても類似性が高く、単位が面倒なので混同しやすいです。この部分が難しいのかもしれません。

HOUSE-省エネでは断熱材は「熱伝導率」を入力します。しかし代表的な断熱材アクリアネクストのカタログでは熱抵抗値で書かれています。この二つの意味が分かっていれば簡単ですし、熱伝導率の数値も別ページで用意してありますから初心者でも丁寧に探せばわかるはずです。しかし意味が全くわからない人にとっては難しいのかもしれません。Low-Eガラスも仕組みが難解で、一つ意味を理解してしまえば楽なのかもしれませんが、最初はちんぷんかんぷんでしょうね。また基礎の断熱も若干理解が難しい部分もあります。

とはいっても、難しいのはその程度。excelのシートで計算するのにも、あとは面積計算ですから敷居は低いです。別にソフトを購入するまでもありません。しかし素早く検討したり、計算書式を整えたかったりする場合はHOUSE-省エネのようなソフトを購入するのも悪くはないでしょう。どちらにせよ、省エネの基本を理解し、資料を整えることが重要でしょう。

なまあずショップ楽天市場店で販売するHOUSE-省エネマスターセットには、HOUSE-省エネで初めて省エネ計算する方向けに独自のマニュアルをつけています。また使った人間の意見を取り入れ、先ほどの初期段階の手助けとしてexcelで作った入力前チェックシートを添付しました。このシートには、アクリアネクストなどのデータサンプルも付属しています。また計算サンプルも付属いたしました。また、新なまあずステーションには、新たにHOUSE-省エネも追加され、今後も情報提供をしていく仕組みが整いつつあります。来年にはフラット35Sや長期優良住宅も新しい省エネ基準が必要になり、更に計算の需要が高まると思いますので、ぜひご利用くださいませ。