iPhone6とiPhone 6 Plus

いよいよ発表されましたね。私はiPhoneを買ったことはないのですが、興味があります。今回はサイズアップです。iPhone6は4.7インチ。見るからに4インチのiPhone 5に比べて大きいですね。iPhone 6 Plusは5.5インチでファブレットに近い形です。個人的にiPhoneの小ささが気に入らなかったのですが、でかくなれば、なったで個性がなくなったな~と思います。同一解像度で安定した動きをするのがAndroidとの差だと思っていたのですが、解像度のバリエーションが一気に増えましたね。まあ時代の流れなんでしょうけど。トラブルがなければいいのですが。

肝心の重量もiPhone 6は129gと十分軽く、Androidスマートフォンに比べても十分訴求力はありそうです。Plusは172gとちょっと重いですが、最近、Android機も更に巨大機が続々出てきていますので気にならない人もいるでしょうし、今までiPad miniで我慢していた人も機動性重視でPlusを選ぶという選択肢もありでしょう。miniは電話機能はありませんでしたからね。

個人的には旧機種も併売すると4種類バランスのよいラインナップになります。ある意味幅を広げて5を延命するのかもしれません。事実、後半はiPhone売上げあまり良くなかったみたいですから。

大きさ以外では、NFCが内蔵されたこと、など大方の予想を裏切らない程度におさまっています。発売は9月19日から。今度は私の機種変のタイミングに近いから考えてみるかな~?