HOUSE-省エネで学ぶ省エネ計算(木造低炭素住宅版)

はい。本日β版が完成しました。HOUSE-ST1 Ver6の発売日(と思われる日)なのに、何やっているの!!って感じですが、ST1は届くのはどうせ数日先!その前に仕上げてしまおうと思ってβ版を書き上げました。HOUSE-省エネは2014年夏に、低炭素住宅の計算(U値η値)に対応したVer1.5がリリースされ(Ver1の人は無料バージョンアップ)、最新の計算に対応しました。低価格で良いソフトなのに知名度がないのと、意外にとっつきにくい(ソフトの問題ではなく省エネ計算が)ので、独自に解説を書きました。まあ書いている途中で葛藤があって、かなり時間がかかってしまったわけですが・・・。なまあずショップ楽天市場店で販売するHOUSE-省エネ マスターセット(10月1日発売予定)に添付する予定です。

内容は、省エネ計算のちょっとした歴史と、低炭素住宅の計算の簡単なしくみと流れ、計算事例、WEBプログラムの使い方と、一通り低炭素住宅の計算書作成の流れを解説します。初版なのでそれほど量の多いものではありませんが、自分が計算するときに苦労したので、わかりにくい部分を中心に解説しています。何しろこのソフト、説明書もヘルプもないのです。PDFマニュアルがあるので、それを見て・・・というのですが、あくまで計算機能の解説しかなく、これだけだと初心者は、まったう打つ手無し!!です。もっとも構造計算ソフトはみんなそんな感じなのですが、意匠系のソフトって最近やさしいものが増えているのでね。でも他社のソフトを見て感じたのですが、どこも同じレベル。専門ソフトなんだから機能の説明で十分!!って感じで作られています。こんなんじゃ駄目だな~と感じる今日この頃です。