DRA-CADとJWWの距離測定

JWWの機能で便利だな、と思うのが、間隔取得。私の場合ワンキーでWに割り当てすぐにマウスでクリックで感覚取得できます。また寸法欄に自動で入力されるのはどうかと思いますが、慣れれば便利ですね。確かに測定だけで終わることは希だから。

DRA-CADの場合は測定コマンドです。これは高機能で座標や距離、角度などを測定できますし、何よりもメモ帳のような画面に測定結果を並べていくことが出来ます。忘れやすい私には良い機能です。

ただ、通常の編集の場合ここまでの機能は必要なく、JWWのように気軽に・・・と思うのも人情。特に私のように左手をキーボード上に置きっ放しで、右手はマウスを握り続ける人間にとっては、エンターキーが左側にないとOKボタンを押すしかないのでまどろっこしいです。普通の設計者ならテンキー入力するので、右手はマウスとキーボードを行ったり来たりしていると思うのですが、ノートパソコンになれている私は、左手だけでテンキー部分や右手がカバーする文字部分をカバーしてしまう場合があります。なので作図・図面チェックに専念しているときは右手をマウスから放しません。特に図面チェックが多い私にとってDRA-CADというよりも、エンターキーが左側にないのは致命的です。

DRA-CADはキーボードすべてをカスタマイズできないかわりに、機能のカスタマイズが思いっきりききます。たぶん先人たちが工夫していろいろな使い方の人にマッチするように作っているのでしょう。現在のバージョンの操作は昔の操作にはそぐわないかもしれませんが、旧バージョン(8以前)の操作にすることもできますし。そんななか、測定コマンドだけでなくダイアログがでるものに関しては、環境設定で「ダイアログ外クリックでOK」という、ありえない設定があります。つまり私のようにOKを押すのもエンターを押すのも面倒な人は、ダイアログ外をワンクリックでOKですよ、ということです。じゃあキャンセルは??とか思わなくもないのですが、意外にも作業がはかどります。私のようにダイアログを徹底して嫌う(HOUSE-ST1HOUSE-DOCの記事参考)人でもこれは安心です。