桐10

管理工学研究所は、日本語データベース桐の最新バージョンの桐10を10月17日に発売することになりました。言うまでもなく、MS-DOS時代から活躍していた日本語データベースの老舗です。対応OSもWindows8.1までとなっています。

ポイントは桐9の64倍の32GBまでのデータベースに対応し、レコード数は何と約10億。文字コードもUnicodeに変換されました。

ちなみに桐9は、2002年に発売されていたので、なんと12年ぶりのメジャーバージョンアップとなりました。その間も毎年のように無償アップデートを続けていた管理工学研究所には頭が下がります。非SQL型の今となっては珍しいソフト。帳票や印刷フォームが作りやすく未だに根強いユーザーがいます。

同社は松という非常に扱いやすいワープロを作っていましたが、そちらは撤退してしまいました。桐はまだまだ続いてほしいものです。

桐10