新型BIMのお話し

BIMが普及し始めてCADが無くなるのでは??という雰囲気になってきていますが、本格普及はまだまだ。個人事務所などではまだまだ敷居が高いですし、一番のウリの情報のやりとり部分で転けていることが多いですからね。相変わらず流動的です。

そんななか、新たなBIM製品の話が入ってきました。新設計のアプリケーションのようで、かなり意欲的な製品にうつりました。

BIMといえばARCHICADやREVIT、VectorWorksやGLOOBEと種類がまだまだ少ないのが現状です。しかも大多数の設計者が使いたい「手頃な」(価格的だけでなく、物件的にも)ものが出てこないと本格普及は難しいでしょう。価格面ではだいぶこなれたものが出てきた以上、木造や小規模物件でも使いやすいBIMソフトが出てくればいいな~と感じます。はたして、この新たな製品はどちらにいくのでしょうか??興味深いです。

一方DRA-CADやARCHITREND Zのような国産CADもまだ根強く残っていますし、長年の積み重ねでBIM風になりつつあるものもあります。BIMとCAD、完全に分けることはできないと思いますが、これらのCADの今後の進化も興味深いです。