今さらながらiPad mini Retina

もちろん買っていません。父が購入しました。それにしてもアップルストアは夕方に注文して次の日にさっさと到着してしまう。配送の速さに脱帽!!

さて、購入したのはSIMフリー版のiPad mini Retinaの16GB版。父はiPad2からの乗換です。環境設定をしてあげている最中に利用しています(^^;)。

iPad2も十分薄くて軽いつもりでしたが、iPad mini Retina(以下mini)は別格ですね。iPad2は机においての利用がほとんどだったみたいですが、miniは手に持って操作ができそうだといっています。

私もそう思います。大きさと薄さのバランスが絶妙です。何よりも画面の横が広いので見やすいです。7型タブレットはたくさん見てきましたが、電子書籍やPDF化したマニュアル類を見るのは、Nexus7(2013)と比べても圧倒的に見やすいです。

その代わり他社の7型に比べ圧倒的に横幅が・・・これは見やすさとトレードオフだから仕方がないのかな??手に持って作業するのは問題ないにしても、移動中どこに入れておく??ということを考えなければならない端末です。

Galaxy Note2は、その点非常にバランスが取れていてポケットにも収まりがいいギリギリのサイズ。スーツならXperia Z ultraも悪くありません。これ以上だと鞄なしの持ち運びは難しいと感じます。それでもスーツであれば、なんとかNexus7(2013)はOKでした。ギリギリ許容ということで誰にでもお勧めできるものではありません。そういう意味でGalaxy NoteやXperia Z ultraが評価されているのもわかります。miniは、その点中途半端なのかもしれません。

もっとも書類の閲覧、という意味では違った見方が出来ます。miniのサイズはA4サイズを縮小して無理なく読めるギリギリのサイズと感じます。もちろんAirなどが見やすいのは当たり前ですが、Galaxy Note2やNexus7では読みにくい技術書がキレイに読めます。10型の初代Surface RTよりも読みやすいです。やはり横幅と解像度が物を言っているようです。私みたいにPDFマニュアルを読むことが多い人間には出来る限りコンパクトながら最適な解像度を保っている機種なんだなと改めて実感しました。

ただ気になったのは、巨大PDFファイルの読み込みが遅いな~ということ。でもこれもアプリ次第なのかもしれません。PDFへの書き込みもキビキビしていましたし、他の動作もAndroid系に比べて気持ちいいですね。まあどちらも良いとこ悪いとこありますが、シンプルで扱いやすいiPad系は今後も使い続けられる端末なんだろうな、と感じます。