HOUSE-省エネ Ver1.5の新機能

誰もレビューなんて求めていない!そんなソフトも扱います!!といっても潜在的に住宅の省エネ計算を行いたい設計者は多いのも確か。HOUSE-省エネは戸建て住宅の省エネルギー対策等級の判定を行い、等級判定表の作成と省エネルギー設計を支援するプログラムです。低炭素住宅などの設計に必要な、外皮平均熱貫流率や平均日射熱取得率などを計算できます。リアルタイムに計算結果を見ながら検討できるので重宝します。また帳票はexcelで出力出来ますので、微調整はexcelで・・・という場合も安心して使えます。帳票も充実しており、とても低価格なソフトとは思えません。もちろん建築研究所HPのプログラムで計算するためのシートも作成できます。あと旧基準の計算システムも残しているので比較検討も行うことが出来ます。

image146

他のHOUSEシリーズと似た画面。でもまったく操作性が異なるので面食らうことも。なにしろF1でヘルプさえ備えていませんからね(汗)。基本PDFマニュアルを参考にしなければなりません。ユーザーインターフェイスはHOUSE-DOC並みに優秀で、フルHD画面だと快適に入力できる。XGA(1024×768)ではつらく、最低でもSXGA(1280×1024)クラスが欲しいところ。横長のディスプレイが似合います。HOUSE-ST1も早くこのレベルに達して欲しい・・・。

HOUSE-省エネの入力手法はちょっと特殊です。PDFを見ながらやらないと戸惑います。これではせっかくのユーザーインターフェイスが台無しです・・・。まあ戸建住宅の計算ですから実際あまり時間はかからないのでしょうけど。

image147

計算方法は新旧どちらかを選んで行います。選択するとプログラムが再起動するので、両方の計算結果を同時にみることは不可能。ちょっと面倒。

image151

充実したexcelへの出力機能。excelの起動速度で快適さが決まります(^_^;。

image153

excelの帳票はこんな感じ

image154

結果もexcelで表示。

ともあれ、低価格で、なまあずショップ楽天市場店では送料・税込で53900円(2014年8月末現在)で販売されています。他社のこの手のソフトに比べれば低価格であり、また本格的な省エネ計算が必要な大規模な建物向けの省エネ計算ソフトを開発していて、そのサブセット版的存在なので信頼性も高いです。年会費も今のところありませんので、省エネ計算に興味のある設計者の方は是非ご購入を!