スーパーマップルデジタルを重宝する理由

現在、スマートフォンの普及や、ネット上の地図の充実により、パッケージ地図ソフトの需要は下がっているようです。昔から地図ソフトは好きなのですが、今の状況を見ると無料で更新もしてくれているネット上のgoogle等のマップを利用すれば大半のことはできてしまいます。おまけにカーナビのような機能や、自分で情報を登録することもできます。個人的にも利用することが多くなっていますし仕事でも活用している人が多いのも頷けます。

しかし、私は地図ソフトを手放しません。今使っているのはスーパーマップルデジタル。このソフトの良いところは、スマートフォン用が入っていて、データを切り出して転送すればスマートフォンで利用できることです。別にネットに接続しても・・・と思うかもしれませんが、電波状況や災害時を考えると、本体内に地図を入れておくと安心感があるのも事実です。GPS内蔵端末なら、携帯の電波がなくても場所が地図付きでわかりますし、歩いた場所をプロットしてくことも簡単です。また機能的に辛かったのは数世代前までで、今はスマートフォン版のアプリも充実し、情報を検索できたり、パソコン版で入れておいた情報をスマートフォンに転送して・・・ということも簡単です。営業データベースを入れておけば、出先で地図を開けば、近くに最近ご無沙汰の会社があったり・・・とか結構便利です。まあ通常時はgoogleなど無料サービスでできることばかりといえばそれまでなんですが。

image145(拡大はクリック)

これは、今年の一級建築士受験者が作った道の駅のリストです。スーパーマップルには初めから道の駅が登録されており、都道府県毎にインポートもできます。分類毎に色を変えたり、新たな情報を登録したり、いらない情報を削ったりして完成させるそうです。ちなみにカスタム情報はファイル化できるので、他に似たような施設を組み込んで更に効率を上げて使うようにアドバイスしました。クリックすると

image144

このように、道の駅の情報もでます。Windowsタブレットなら、出先でかなり有効にりようすることができそうです。タブレットには未だネット接続できるものは多くないので、このようにネット接続しないでも大丈夫なものは重宝します。WindowsとAndroid両方使えるのが強みですね。無料のサービスばかりに頼らずに良いところ悪いところを見極め活用していきましょう。