FRPグリッド基礎補強工法の計算と考察

城東テクノの木造住宅の基礎補強工法である「FRPグリッド基礎補強工法」の講習会後、新しいexcelの計算シートを頂いたので試してみました。以前のよりも格段とパワーアップしており、手計算で構造計算をやったことがある方なら、ある程度できるのでは?と感じます。一方、やったことが無い人にとっては、苦戦が予想されます。

当初、この工法の計算検証として、思い浮かんだのはN値計算法による簡略式で短期の引抜きを出して、連続梁で略算する・・・と勝手に想像していました。しかしそれでは長い耐力壁が乗らない梁には対応できませんし、長期の検討もできません。というわけで、オーソドックスに柱の軸力を出して、長期の計算をやって、壁の短期せん断耐力を使って短期の計算をやって・・・という「普通の」木造構造計算の手法を利用しています。なので普通に基礎の計算ができる人にとっては「なんだ」ということになります。もっとも基礎の計算を計算ソフトで行っている人は???かもしれません。

基礎補強部の計算はシートで自動でやってくれますので、結局の所、正しい軸力の算出と基礎のモデル化がキモとなるようです。また基礎のコンクリート強度を出さなければならないので、普段出していない人にとっては負担になりそうです。

私が考えていたよりも基礎補強の効果は高く、無筋コンクリートの基礎でも「ある程度」強度アップするようです。しかし施工性が高い片面補強の場合、高倍率耐力壁を使うのはそれなりの条件が整わなければなりません。既存のコンクリート強度がかなり重要です。調査方法・調査精度など課題が残ります。構造用合板レベルの補強の際も、計算・実務上15N/mm2くらいは必要になってくる感じなので、やはり壁の併用による高倍率の壁は厳しそうです。

何よりも計算が面倒ではあるのですが、その分施工は楽で、住んでいる人の負荷も少ないです。何よりアラミドなどで使う接着剤が不要なのはいいですね。ちょうど必要になりそうな工事が発生しそうなので、そこで実際にやってみたいと思います。