社内のパソコンをWindows8.1へ移行開始

XPのサポート終了に伴い、Windows7を使う方が増えています。本舗はとっくの前にWindows7化しているため、そろそろ耐用年数を迎えるWindows7機がでてきました。本格業務以外でソフトウェアサポート等でWindows8機を使っていましたが、特に問題がないことがわかったので、これから導入する機種は、基本Windows8以降になります。

理由は、スピードとメンテナンスです。Windows7は非常に優れたOSですが、最先端ではありません。また長期使うと速度低下も目立ちますし、メンテナンス性も劣ります。Windows8は、起動速度も速いです。そして最近のアップデートでWindows8.1Updateで更にキビキビ動くようになりました。マウス操作によるいらつきもかなり減りました。慣れの問題はあるかもしれませんが、通常のソフトを使っていて7に劣ることは少なくなりました。

ただビジネスですとクラウド系のアプリやタッチパネル用のアプリは使わないと思います。今回意匠設計者用に入れる機種では、デスクトップを中心にCAD、ワープロなどを使います。そのためあまりWindows8にこだわらなくても大丈夫です。メンテナンスは再インストールなども楽ですしバックアップなども簡単です。

そんなわけで、そろそろ耐用年数を迎えるWindows7機を順次入れ替えていく予定です。