儀式化しすぎな日本の儀式

個人的にシステム化は嫌いじゃないけど、あまりにもシステム化しすぎると面白くない。そう思う今日この頃、普段は参加しない地鎮祭に参加してきました。ちなみに地鎮祭は2回目、上棟式は未だ0回。別に儀式が嫌いとかではなく、社内の分担の問題です。まあ設計事務所の代表らしくないといえばらしくないのですが・・・。

さて、参加したのですが、前回と同じ神社なので新鮮味もありません。たぶんシステム化されているので、多少のカスタマイズはあるにせよ、ほぼ同じなんでしょうね。もちろん施主からみれば初めての場合も多く新鮮でしょうけど。結婚式もいろいろ工夫ができるとはいえ、似通ったのが増えてきていますし、葬式なんかは完全に葬儀屋さんにお任せ、のケースが多いです。う~ん。

そういえば佐渡では、こちらでは考えられない葬儀を行っているところがありました。私の祖母のときがそうでした。地域毎に違うんですね。このような文化も大切です。

なんとなくですが、独自の地鎮祭や上棟式を考えられたらな~と思います。コアな部分をいじらなくても工夫はできるはずです。何が重要か?を忘れずに考えて行きたいと思います。

そういえば、本日本舗に1人新人が加わりました。今日は社内のことなど教えています。昔に比べてシステム化しているのでその部分は楽になったな~と感じますが、その他の部分はやっぱり大変。でもこれから活躍してもらわないと!と思いビシバシ鍛えていこうと思います。