法人タブレットも魅力的VersaProタイプVTとVZ

NECの法人向けタブレットです。4月発表ですが、そろそろ一部の流通が始まるはず。VTが10.1型、VZが12.5型。昨年のモデルのリニューアルです。VTはCPUやOSが変わり、解像度がWUXGAに進化しました。重量サイズも微妙に変わっていますし、似ているけどかなり変更点があります。VZは、もう少し新しいので、そこまでの変化はありません。こっちは完全な継続商品に見えます。ただCPUがパワーアップしているので魅力的です。プレゼンには10型はiPadと同じなのですが、縦横の比率が違うので不利です。その点12.5型は見るからに大きいので迫力がありますし、差別化にもつながります。建築のプレゼンにはいいと思います。

さて、VTなのですが、あまり情報が出ていませんが非常に魅力的な仕上がりです。最低価格は7万円からと若干高めとはいえ、Z3795搭載で600gを切る軽量ボディ。メモリーを4GB搭載できるのがポイント。もちろんWUXGAですし、バッテリーも10.1時間。別売キーボードに格納できる1024段階の感圧センサにより筆圧感知できるデジタイザ、ノートパソコンのように使えそうな着脱式キーボード、フリックツール(便利かどうか分からん)なども搭載しています。そして時流にあわせてか、ドコモのXi対応できます。指紋センサーがついて利便性もアップしています。そもそも法人向けなので信頼性が高いのです。カスタマイズによって価格が上がってしまうのですが、非常に魅力的な仕様に変更できます。Xiモデルは夏からなのが残念。