方杖耐力壁を通常の計算で併用??

先日、打合せでとある大きなビルダーさんの構造図を見せてもらいました。狭小住宅でビルトインガレージがある木造3階建てです。びっくりしたのが、ビルトインガレージを方杖だけで持たしているところ。しかも壁倍率で。しかも柱が細い!そしてこちらが想像できないような倍率でした。過去も耐震診断で調査したなかに、そういう建物がありましたね。そちらは実際ほとんど効果が無かったです。そして構造用合板などの耐力壁で構成されている木造住宅で一箇所だけ、方杖で持たす場合、本当に併用できるのか?かなり疑問ですね。もちろん方杖を否定しているわけではありません。うまく使えば多少の効果は見込めますし振動が抑制できることもあります。しかしながら柱が折れやすくなるというデメリットも考えなければなりませんし、いろいろ検討しなければならないこともあるはずです。まあしてあるならいいのですが・・・計算で適当に数字合わせして、確認機関の検査員の目をごまかして・・・という方法じゃなきゃいいのですが。案外、過去には4号建物でも流用されていた手法なので心配です。個人的に、その他の構造部材で地震力・風圧力の条件を満たした上で、他の部材に悪影響がないことを検討して使いたいところです。実際、耐震リフォームで利用している場合は、他の部分で構造的な強さを確保したうえで、振動を減らすために活用しています。大地震のときの揺れによる建物の影響と、交通振動や微振動の建物の影響は別に考えるべきで、最近の木造3階建ては、両方ともごっちゃにして考えている傾向があります。考えているならまだマシで、計算で数値がクリアできるからOKという主体性のないものが増えているのも頭が痛い問題です。もっとも木造住宅の場合、筋かいと面材は併用していいことになっていますし、あまり細かいことを考えなくても大丈夫なのかもしれませんが。しかし最近の耐震相談を聞いていると、どうも構造計算が悪い方向にいっているよ~な気がします。構造計算ソフトの進化により、比較的手軽に木造構造計算ができる時代なのですが、あくまで安全を確認する1つの手段であることを忘れてはならないと思います。