ビジネスで使えるデスクトップパソコンが店頭から激減

もはや、ビジネスでパソコンは不要なのでしょうか?

社内のWindows7パソコン一台の動作が怪しくなったので、交換用のパソコンを物色に行きました。パソコン工房の府中のお店がなくなるので、そろそろ他のパソコンを探さなくてはなりません。

まず向かったのはPCデポ。ここも古くから利用しているパソコン専門ショップです。ノートパソコンの種類はそこそこ揃っていますがデスクトップはほとんどありません。あっても一体型か海外のもの。値段的も低価格機はみるべきところはありません。何しろノートやタブレットに値段で負けていますし性能も・・・。次にケーズデンキへ。こちらもノートパソコンと液晶一体型のデスクトップばかり。事務所には液晶は余っていますし一体型買うメリットはありません。ビジネス向け低価格機はノートはそこそこありますが、残念なことにデスクトップはほとんどなし。

デルが台頭してから、たぶん通販で買うんでしょうね。そういえばNECも富士通も通販サイトは充実していますし。ただ全体的にデスクトップは低調です。会社の机が狭いと本体は足下に置いてキーボードと液晶を置いた方が、ノートパソコンより省スペースです。デュアルディスプレイがほとんどという運用形態もあるのですが、ノートパソコンへの置き換えは今のところ考えていません。

う~ん。買い換え需要があったと聞きますが、店頭は駄目だったのかな??どんどん店頭のパソコン売り場が寂れてきたような気がします。特に府中。ちょっと寂しいです。タブレットの流行も思ったほど・・・だった感じです。スマートフォンが案外便利ですしね。でもできることは全然ちがいますが・・・特にクリエイティブな面では。

そしてびっくりしたのが、Macの大躍進。たしかに周囲持っているな~って人多かったけど。Macのノートパソコン確かに品質も見た目も良いですし。国産メーカーの商品を見ているとね。もうちょっとなんとかならないかな~って感じます。