タナカのリフォーム用羽子板セット

メーカーが出しているからといって、信用していいのか??と思える金物も増えつつありますが、様々なバリエーションができてくるのは歓迎です。あとはこちらで判断すればいいだけです。

そういう意味では、なかなか使いでのありそうな金物ですね。今回はタナカのリフォーム用羽子板セットという商品です。

羽子板ボルトは横架材同士の接合に使う場合、穴を空けなければなりません。新築ならいいのですが、リフォームだと外周まわりでは特に難しいですね。そこで梁に金物をボルトで取り付け見た目は羽子板ボルトのようになります。リフォームでは非常に威力を発揮しそうです。ボルトの長さがあるので、多少の障害物などは避けられそうです。個人的にはもう少し長い方が好みですが、性能を考えると妥当なのかもしれません。肝心の性能は、短期基準接合耐力で11.9kN(ハウスプラス)で、そこそこの強度を持っています。何割か悪くても通常のリフォームの接合としては問題なさそうです。使い方でいいのかわかりませんが、ちょっとしたホールダウンの代わりとかにも使えそうです。