VivoTab Note 8を触ってみた

別に初めて触るわけではなかったのですが、初めて付属のペンを使って店頭で試してみました。

ペンの精度が低いなど、明らかにペンタブを使っている人のコメントが信じられないくらい便利でした。たぶん用途なんだろうけど。

このWindows8タブレットは、ホームボタンが側面についています。明らかに左手で持って右手にスタイラス、ということを想定しているのでしょうね。たしかにスマートフォンみたいには持てませんし。

慣れるとなかなか良い位置ですが、机において作業する、ということは想定していないようです。まあ別にホームボタン無くても操作できますけど・・・。

そしてペン。手書き入力が、昔のザウルスを彷彿とさせます。認識もスピードも。私の悪筆はほとんどついていってくれます♪これくらいの精度があれば十分かな~と思います。やはり手で書いた方が覚えますしね。8インチでスタートボタンの位置も相まって、手持ちツールとしては非常に使いやすいのではないでしょうか??意外にsketch程度でしたら、絵を描くのにもスムーズでした。汎用のタッチスタイラスに比べて、遙かに使いやすいです。

反面、解像度がNexus7より低かったり、Windowsソフトを使うには画面が狭かったり、ストレージが小さかったり・・・ですから何か用途を絞って使う端末ですね。

同じ名前でも、ビックカメラ・ヨドバシカメラで売っているものと、ケーズデンキ、ヤマダ電機で売っているものでは値段が大きく違います。これはストレージの容量(64か32か)とOfficeのエディション(HandBかPersonal)のようです。細かく言えばAmazonのも違います。違いをよく理解して購入しましょう。

以前は品薄でしたが、今なら手軽に入手できます。価格も安価ですので、初Win8タブを狙っている人にお勧めです。