NECのパソコン夏モデル2014

なんか売上げより技術力を誇示するシーンが目立つNEC。それでも安価で良質なタブレットを発売したりと変化追従しています。そんななか夏モデルです。

びっくりしたのがエントリークラスのモデルをかなり薄型したことです。価格勝負の分野で英断とも思える薄型化したことに敬意を表します。重さはそれほど変わらないとはいえ、持ち運びにも準備ですね。

正直あとはめぼしい発表はありませんでしたが、LaVie Zは新モデルが発売されました。Xみたいになくならなくて良かった!Webショップでは終了していましたからね。筐体の完成度が高い機種ですので、今回はマイナーチェンジです。CPUを若干強化したほかは余り変わりません。それでもモデルチェンジして出し続けることに意義があります。ぜひぜひXも復活して薄型のNECという立ち位置を確立してほしいものです。個人的には世界一とかこだわらず、バッテリー駆動のバランスが良いタッチ搭載のLZ650がお気に入りかな??

主力機のLaVie Lは、ヤマハサウンドシステムにAudioEndineを搭載したのが主なアップデートと寂しい。すでにパソコンでは新型の機能を搭載して競争に勝とうとかそういう時代ではないようです。

全体的に見るべき所は少ないラインナップですが、エントリークラスの薄型化は非常に良いことだと思います。タブレットに時代は移行しつつありますが、パソコンもワクワクさせるような何かを期待せずにいられません。次回に期待です♪