消費税駆け込み後のWEBショップ

一応、WEBショップを運営しているのですが(・・・)、消費税後はやはり心配!なので仮説を立てていました。

駆け込み需要が多いのは、最寄品、それも賞味期限が短いものでなくトイレットペーパーなど日持ちするもの、高額で値下がりが少ないもの、など。某ショップはソフトウェアが当てはまります。キャンペーン以外で値段が動くことは皆無ですから。逆にスタンプなどは定価販売ですが、金額も安価で消費税の影響を受けにくいと判断、雑貨類は比較的価格が高いので影響があるかと。駄菓子は価格据え置きなので何の影響もなく、デコパーツ類は、3月に売上げ好調だったこともあり、売れなくなるかも??といった予測を立てていました。

実際、4月の第一週のデータを見ていると、だいたい予測は合っています。意外だったのはソフトウェアの売上げが止まっていないこと、スタンプは昨年比で見ても大幅に売れていることです。ソフトウェアはCADが中心で、XPから乗り換えた時に新しいCADが必要な方がでてくるので、一時的だと思います。スタンプは、季節的要因もあると思います。ただスーパーSALEや先月に比べてもまとめ買いが多くなっています。なぜ??という気はします。

ただ、世間もそうですけど、この時期売れると5月以降が心配になってしまいます。私の予測ではあまり落ちないというか逆に上がるような気もするのですが、ちょっとうまくいきすぎているような気がします。某ショップの場合、季節要因で5月6月の落ち込みが激しいと予測されますが、それ以外は順調にいきそうです。

マスコミなどで消費税を過度にあおっているような気がします。大手はともかく小さいところではあまり影響がでていません。少なくとも私のまわりは。もっとも駆け込み需要もそれほど恩恵を被っていませんけどね・・・。心配せずに進みましょう。