中古住宅評価で国交省が新指針(日本経済新聞)

ソースはここ。

国土交通省は3月31日、中古の戸建て住宅の評価について新たな指針をまとめたそうです。

劣化対策やリフォームを実施すれば、住宅の市場価値が長持ちしたり、高まったりするのが柱。

だそうです。でも市場価格って国が決めるんじゃないでしょう??と思うのですが。

でも日本の場合、中古住宅の評価は安すぎる気もするので、何とかなって欲しいものです。