S-Converter for Revit

 意匠図面から構造計算モデルを作成する際の入力ミスやモデル化による不整合を解消するためのコンバーター。名前の通り、Autodesk社のRevitのアドオンとして組み込みRevitで入力されたモデルそのままに、一貫構造計算ソフトウェアの躯体ファイルへと変換します。一貫計算後変更された部材断面サイズや追加入力された二次部材データをRevit側に戻すことが可能です。双方向連携によって整合性を保ちつつ、意匠・構造間のスムーズなやりとりを補助するソフトウェアです。
 以上、メーカーのカタログから抜粋!株式会社アークデータ研究所の商品です。なので構造計算ソフトとは、ASCALであり、ASINです。RevitとASCAL両方使う・・・てかなりユーザーが少ないはず。どうなんでしょうね??ちなみにRevitはArchitectureだけでなくStructureにも対応しています。使っている方の感想を聞いてみたいものです。