iPhone5s iPhone5c 発表

 予定通り発表されましたね。概ね予想を裏切らないマイナーアップ感漂う内容でした。予想通りDocomoでも売り出すようで、これで主要キャリアすべてでiPhoneが売り出されます。iPhoneは非常に優れた小型端末であることは否定しません。しかし小型なものを作り出すのに秀でた日本企業が数年かけて完敗してしまうほど圧倒的であるとも思えません。事実韓国のSamsungは、低価格機を中心にアップルを追い詰めていますし。
 さて、アップルもスティーブ・ジョブズを失ったうえ、他社の猛追を受けていて余裕はありません。今回の2機種もその対応的な面が多く、独創的な、アップルらしさはほとんどありません。
 低価格に対応するためiPhone 5cを出し、他社の新製品に対応するためiPhone 5sを出した、というところでしょう。5cは特に新しさはほとんど無く、カラーバリエーション豊かで楽しいですが、CPUは旧来通り。しかも大きく重くなっている。
 目玉の5cも5のマイナーチェンジ的名前でも明らかなように、驚くべき内容は少ないです。CPUが高速になり、指紋認証センサーが備えられパワーアップしています。モーション処理専用のM7というプロセッサーも搭載されます。カメラも若干強化されます。重さや大きさはほとんど変わらないようです。
 着実なパワーアップはしていますが、Androidの進化はそれ以上です。次回は皆が驚くような何か!を求められるでしょう。それはアップルの宿命です。それはともかく国内勢にもがんばって欲しいですね。