エプソンのカラリオシリーズも発表

 ブラザー、キャノンに続き、エプソンも新モデルを投入してきました。パッケージング的には完成された感のあるシリーズなので、小型化がメインになります。
 面白いのは立体視を実現させる3DフレームPrint。まあ以前から似たものがありましたが、ちょっと本格的。サンプルがでたら早く確認したいです。
 好評のノート罫線印刷もパワーアップしたそうです。インクジェットならでは、というのはこういう機能です。伝統的にエプソンはこの手の機能は得意なので、今後もどんどん進化させて言って欲しいところです。
 もっとも今回注目はA3のフラッグシップ機のEP-976A3で覚えずらい型番です。A3機ですが、小型化に成功しています。結構衝撃的です。スキャンもA3対応だが、合成対応というのは残念。まあ小型化がメインなので仕方がありません。価格も3万円台と押さえています。
 全体的に「押さえた」機種が多いです。既に完成されたシリーズのイメージがあるので本格リニューアルまでこのままで行こうという感じなのでしょうか?来年に期待ですが、今年買っても損はないと思います。