キャノンの秋の新プリンター

 あまり驚きのなかったブラザーに続き、キャノンは別の意味で驚きが多い発表になりました。前項で紹介したシャア専用複合機!ある意味キャノンらしくないのですが・・・デザインも含めまあまあな所がにくいです。
 デザイン、機能などはこの数年のキャノンの傾向を引き継いでおり、マイナーアップ感否めません。まあそう毎年真新しいことはできないので、いかに完成度を高め、ソフト面で強化していくか?がトレンドになりそうです。
 今回発表になったインクジェット複合機は全モデル無線LAN搭載。今や家庭内では無線LANは常識的になりつつありますので、これはいいと思います。PIXUSクラウドリンクもタブレット・スマートフォン時代を考えれば妥当なところ。FacebookやEvernoteに対応したのも使い方を考えさせられますね。
 ちょっとしたビジネスにも使いやすいMG3530はデザイン的にノーマルで比較的安く実用的なので人気が出るかもしれません。フラッグシップのMG7130は優等生らしいパッケージング。前面2段給紙カセットやはがき対応の自動両面プリントも機能自体が優秀だった前作を如何に超えてくるか?期待です。反面背面給紙は復活せず、旧来のキャノンファンを敵に回す状態は続きそうです。有線LANを唯一搭載しているのは美点です。まあそのぶん価格は高いですけど。
 というわけで、今期はエプソンに期待です♪と、ハードルを上げてみた・・・。