HTML5のオフラインキャッシュの実装

 HTML5でWebアプリケーションを作ろうと思ったきっかけが、オフラインキャッシュでした。これはスマホなどでWebベースのアプリケーションをオフラインで実行できるようにするためのキャッシュです。つまり一回読み込んでしまえば、後は電波がない場所でもそのアプリを動かすことができますし、読みに行かないので速度的にも有利です。
 iPhoneでは、公式ストア以外のアプリは動きませんからね。しかしこの方法であれば、ちょっとしたアプリなら公式ストアを通さず、なんとかなるかもしれない・・・と思います。もちろん、iPhoneでもAndroidでもPCでも動くように作っておけば・・・同一コードでのメンテナンスになりますので、保守も飛躍的に楽になります・・・。まあ私はプログラマじゃないのでどうでもいいのですが(汗)。ただ、プログラマじゃない人が、仕事で使うツールを作るときにはかなり便利です(大汗)。
 現在作っているHOUSE-DOCの現場調査用アプリは、オフラインキャッシュとweb strageを実装できないか??検討中です。まあこのアプリレベルでは両方の技術ともなくても実害はないのですが。
 オフラインキャッシュを使うかどうかはわかりませんが、8月に発表するWebアプリの最終チェックを行っています。間に合うかな・・・