日別アーカイブ: 2013/07/30

老舗がどんどんなくなっていくなあ・・・

 お世話になった工務店や建設会社、設計事務所のなくなるペースが昨年あたりから加速しています。人間にも寿命があるように企業にも寿命があります。これは仕方がないことですし、我々のような小さな事業所としてはどの企業にもその可能性はあるわけです。しかも私のような2代目の場合、先代の取引先の代表は当然、かなりの年配なわけで・・・。
 しかし悲しんではいられません。これからの若い人たちにどんどん起業していってもらって、どんどん盛り上げていかなくては。新しい時代にあった起業の形態はどんどん発生しています。そして私の廻りにも独立していく人たちが出てきています。気になるのは建築関連が少ないことですが・・・。
 別に起業にこだわるわけではありません。大企業が嫌いなわけではありません。ただバランスは大切です。それが崩れると・・・とちょっとだけ心配しています。

日本HPより液晶一体型Android PC発売へ

 案外こういう商品を待っていた人も多いはず。本当はWindows RTでやりゃいいと思うのですが。
 HP Slate21は、9月上旬発売予定の液晶一体型PC。なんとAndroidです。据え置き型で、USBキーボードとマウスが標準で付属します。見た目はWindowsPCそのものです。ただしスタンドは15~70度傾斜するなど工夫も見られます。
 Android4.2でTegra4。メモリは1GBでストレージは8GBとこの当たりは見るべき所は少ないのですが、液晶はフルHD対応の21.5型液晶。USBも3個、無線LAN、Bluetooth3.0に加え、SDカードスロットや音声入出力も備え、まさにパソコン。
 たぶん便利なAndroidのアプリが使える上、リモートディスクトップやWebアプリを操るにはうってつけの存在です。セキュリティの問題さえクリアできれば、企業で大量導入・・・というのもありかもしれません。価格も4万円前後とパソコンに比べて安いのもポイントです。まあCD-ROMがない・・・というのはありますが。
 もしこの用途で安全性を考えるなら、Windows RTならもっと適しています。Officeも標準搭載なわけですし、周辺機器との親和性も高く、変なアプリも多くありません。フルハイビジョンな21型クラスの液晶を搭載すれば、ビジネスで十分通用します。またWindows RTなら画面分割なども使え、業務の効率化も図れると思います。

UQ、2.5GHz帯割り当てで、10月末に下り最大110MbpsのWiMAX2+へ

 UQからすれば既定路線でしょうけど、ようやく認定されましたね。これで今秋以降にWiMAX 2+(TD-LTE)のサービス開始が可能になります。10月末サービス開始時には、下り最大110Mbpsという高速サービスが可能であり、後に1Gbpsオーバーのサービス導入を目指すらしい。最近、3Gサービスに押され気味のWiMAXですが、それほど混雑していないのか?案外快適です。ただ速度面でのメリットはあまりないのが現状。パケット上限とか細かいことがない、UQだと複数台持つとき安いとかメリットはまだまだあるものの、まずはスピードでしょう??というわけで、このサービス開始するとまだまだWiMAXも伸びる可能性がありますね。
 もっとも若干不安定さを感じるサービスであるのも事実。速度アップとともに、安定性を上げていって欲しいものです。またUltrabookに標準でWiMAXモジュールを搭載して普及に努めて欲しいです。何なら昔のauのようにハイブリッドな端末を用意してほしいです。何しろ3Gもそんなに・・・ですから。