日別アーカイブ: 2013/07/27

princetonも低消費電力の17・19インチ液晶発売

 最近、ラインナップが壊滅しつつある、ノーマルディスプレイ。その17インチと19インチの新作がprincetonから発表がありました。
 最近の流行の白色LEDを使い消費電力を大きく減らしました。ディスクトップの液晶はフルハイビジョンが主流になりつつありますが、まだまだ1280×1024の解像度はオフィス用途では便利ですね。
 D-Subしかないのが残念といえば残念。最近はデジタル端子くらいは・・・と思うのですが。まあオフィス用しか需要がなさそうなのでコスト削減ということで・・・。

Win7もIE11

 Windows RTのIE11(Preview)は、正直??でしたが、かなり期待できる内容でした。たぶん完成度が高まればかなり良くなると思います。正式リリースは秋以降でしょうからね。
 Win7版もPreview版がでましたね。私のように常用ブラウザがFirefoxの場合、入れても特に問題ないかな?と思ったので・・・。
 IE11もスピードが速いですね。良い感じです。FirefoxやChromeなどのようにHTML5などの互換性が高まってくれれば・・・と思うのですがどうなんでしょうね??技術的なことはわかりません!!
 仕事ではWin8よりもWin7のほうがアプリの制限や操作性の点でしばらくはいいでしょうから、Win7版のIE11がリリースされるというのは良い感じです。おそらくビジネスではXPの後釜としてWin7が多く使われると思っています。

GLOOBE2014試用開始

 ArchiCADの講習会の司会(・・・)をやったとき、面白そうだなと思ったBIMなんですけど、買って試すほどの財力がないので、とりあえず福井のBIMのGLOOBE2014の試用版をインストールしました。福井のソフトの試用はリフォームエディションで懲りているはずなんですけどね。今回も試用版がバッティングしたり・・・福井ユーザーは複数のソフトを購入しようと思っちゃいけないんでしょうか??とはいえ、今回は無事にインストールできましたよ・・・。
image2013-7-27-442 (Custom).jpg
 触ってみて一言「もっさい」・・・同じ福井の恐竜系ソフトのアーキトレンドZに比べても動作がもっさり。だけでなくなんというか・・・だいぶ操作感触が悪いです。一応Core i7だしSSDキャッシュも使っている高速パソコンなんですが・・・。ArchiCADのそれなりにキビキビした動きと比べると・・・です。ただ機能の切り替えモデルの表示などそれなりに高速なので、通常動作のもっさり感とは逆に良い感じです。規模が大きくなったときどうなるか?興味があります。これはArchiCADでも見たことがないので、一度大きなモデルのデモを見てみたいです。しかし機能面ではすごいですね!意匠担当者と一緒に検証しましたが、良い感じです。時代の変化を感じます。福井としてはアーキトレンドのような自動立ち上げ系を推進していたわけで、まったく異なった設計のソフトですね。操作性は、JWWの操作を取り入れたり、国産ということでいろいろなアドバンテージを感じます。
image2013-7-27-443 (Custom).jpg
仕上げなども考慮されているので、断面、矩計図なども簡単に作成できそうです。

image2013-7-27-445 (Custom).jpg
構造屋さんからすると、ST-BridegやSirCAD関連が気になります。このあたりも後日試してみるつもりですが・・・誰かレビューしてくれないかな??(他力本願)。