日別アーカイブ: 2013/07/10

「若者の持ち家離れ」が鮮明に、国交白書(ケンプラッツ)

記事はこちら

 近年常に言われていますね。7月2日公表の2012年度の国土交通白書でも書かれたようです。20~30代は郊外に一戸建てを購入するのではなく、中心市街地の駅に近い賃貸住宅に住む若者が増えている・・・という分析だ。
 また移動手段も車から鉄道や自転車へ・・・確実に時代は動いています。都内を運転すると自転車が非常に多いことに驚きます。大きな道路でも怖くはないのか結構走っていますね。
 10年後にはどんな社会になっているのでしょうか?それを予測して動いていかなければなりませんね。

Excel2013

 最近、Officeを2013にしました。2010と共存できるので何かあっても安心です。ExcelはExcel95からのつきあいです。私が好きなのは、95と2000と2010です。特に2000は長年使えましたし完成度も高かったです。95は初めて触ったバージョンで、シンプルで好きでしたね。マクロウイルスを初めて知ったバージョンでもあります。2010は2007で変わったインターフェイスがこなれてきて良い感じになっていました。
 さて、Excel2013は、SkyDriveなどの連携が非常に楽になり、Windows8との操作の親和性が高まったバージョンです。おそらくタッチ操作も見越して作ろうという意欲と、既存ユーザーの操作性で迷ったのでしょうね。メニューなどにその煮え切らない部分が残っています。特にファイルメニューだけ違うインターフェイスになってしまうところなんかは・・・テンプレート選びなんかは非常にやりやすいので、たぶん、タッチ操作の普及のスピードを考えて改良していくんでしょうね。
 私の環境ですと2010より軽快です。重い作業をしていないからかもしれませんが。
 グラフが簡単に作れる機能は今までも不満がなかっただけに驚きです。賛否両論のフラッシュフィルは、はまればかなり便利ですね。こうなったらいいのに、と思っていた入力が楽になります。はずすと・・・。また関数も若干増えています。
 ありがたいのがデータ形式は(おそらく)変わっていないこと。どっかのCADメーカーのように次々にデータ形式を変えていかれては困りますからね。
 メニューが簡単にたためて編集画面を広くとることができ、作業効率があがります。2007から2010へは完成度が高まったと感じましたが、2010から2012へは方向性の変化を感じます。どちらにせよバージョンアップして良かったと思っています。

Androidの更新が大変!

 AndroidにしてもiPhoneにしても手軽にアプリをインストールでき、アップデートできることは強みです。昔のパソコンはインストール自体がメチャクチャ難しかったですからね・・・。しかし、手軽にインストールできるので入れすぎてしまうと動作が遅くなったり大変です。特にAndroidは速度低下が顕著ですからね・・・ヘタなアプリだとバッテリーが急激にもたなくなったりして・・・。
 さて、それも問題なのですが、毎日たくさんのアプリの更新があることが大変です。出先でアップデートするならバッテリーを消耗しますし(いろいろ切り替えられますか)、その時間だけでもかなりの無駄じゃないかな~と思います。
 そろそろできるビジネスマンは、スマホとのつきあい方を考えた方がいいのかな~と思います。SNSにしろゲームにしろ時間を限りなく浪費してしまいますからね・・・。おまえのブログはどうなんだ!と言われそうですが(爆)。