若い設計者のために

 建築関連業界でも、若手不足は頭の痛い問題です。そこで協会などが若手育成を主眼に、青年部会などの会を立ち上げるケースが増えてきています。
 私の所属する東京都建築士事務所協会でも今年、青年部会を立ち上げました。昨年より会議を重ね、様々な検討を行い7月に第一回の講習会を開くそうです。50歳未満のこの業界では若手の建築士・建築士事務所の所員(東京都建築士事務所協会会員事務所)が、参加できます。特に若手(20~30代)向けの講習会を多く企画します。
 このような動きがどんどんでてきて、効果が出てくればいいですね。