脱法ハウス??

 最近、シェアハウスを巡るトラブルが増えていますが、不法に増改築して・・・というケースがマスコミを中心に騒がれています。それを違法ハウス、脱法ハウスなど様々な勝手なネーミングで読んでいます。
 そもそもリフォームはある程度勝手に行われてきたという経緯があり、特に木造では申請せずにリフォームするリフォーム屋さんや地元の工務店など普通でした。これは申請方法もあまり確立されていなかったこともありますが、そこまで社会が目くじらを立てていなかったこともあるのかもしれません。ある程度柔軟に運用されていたのかもしれません。ただ多くの人が出入りする建物は、「何か」あったときに被害も甚大です。そのため共同住宅などでは一戸建てより規制が厳しい部分も多かったりしますし、雑居ビルでは消防の検査なども結構大変だったりします。その点現在騒がれている脱法ハウスはどうなのか??そもそも法律で縛れないからやっていいのか??いろいろな観点から見る必要があると思います。そして「需要がある」からこそ作るわけで、もしこれを脱法として規制を引くなら代替案も必要と思われます。

<脱法ハウス>マンション無断改築 指導基準無く行政困惑(毎日新聞)