構造システム・グループのBIMへの取り組み

 今月は、BIMの講習会を企画していて、その準備もしなければならないのですが、昨日構造システムに寄ったときに、同社のBIMへの取り組みについても伺いました。残念ながらBIMが必要な仕事がほとんどない私にとっては、最近のBIMの情報は新鮮です。営業のGさんから取り組みのパンフレットをいただきました。内容的にはWEBに掲載されているのと同じだと思います。

構造システム・グループのBIMへの取り組み

 なんか難しそうですね・・・。現在同グループでは、既存の他社BIMとの連携をSAVEシリーズなどで実現していますね。予定表では、来年はBIM対応の熱負荷計算ソフトウェアをリリース予定だそうです。また設計分野(意匠・構造・設備)向けのBIM製品をリリース予定ともなっています。なかなか楽しみなロードマップですね。
 新たな建築設計への取り組みは、ソフトウェアだけでなく我々設計事務所のスキルアップも必要です。こっちが追いついていないことが問題なのですが・・・。