富士ゼロックスの15万円台のカラーレーザー

 最近のゼロックスは、事務用としては比較的手頃感があるプリンターをリリースするようになりましたね。「DocuPrint CP400 d」はA4カラーレーザーと考えると非常に高いのですが、カラーモノクロともに35ppmという高速さと両面印刷を可能にした高機能モデルで155400円となると低価格機よりも魅力に感じます。またPostScript 3対応のCP400 psは218400円。こっちは用途次第ではかなりお得感があります。給紙枚数はトレイで550枚と十分。トレイは増設もできますのでA4しか使わないが大量に印刷、とか構造計算書をスピーディーに、ということであれば選択肢の1つに上げる事ができるでしょう。このクラスでオプションですが無線LANを搭載できるのも魅力の1つでしょう。またAndroidやiOSからもPrint Utilityを利用し印刷することができるそうです。