GLOOBE2014

 福井コンピュータのBIMソフトのGLOOBEの最新バージョンGLOOBE2014が今月発売になったわけですが、タッチパネルディスプレイ対応!とWindows8にすりよりをみせています。業務用では結構ナイことですが、今後は必要になってくると思います。福井さんはこのあたり非常にナイスです。なぜなら、新技術に慣れるのには時間がかかるわけで、できるだけ早く投入しておいて「お試し」してもらったほうがいいに決まっているのですから。まあ駄目になる・・・という可能性もあるのですが。
 まだまだ先行者には追いつけない部分も多いのですが、面白い技術も投入していますし、独自の変化を遂げようとしています。国内ではBIMは新しい概念ですし、他社が・・・といっても数社しかライバルがいません。この状況下ではいろいろ試せる時期であり、ユーザーを取り込むための派手な機能も必要かと思います。
 さて派手な機能といえば、2次元CADデータを瞬時に立体化する2D BIM化アシストでしょう。アーキトレンドZでも一時期騒がれた画期的な機能です。CADからの乗換が圧倒的なわけで、これもアリかと思います。油彩風などの手書き感のある図面を簡単に作れる機能も写真編修ソフトであれば簡単!なのですが、独自の味付けがあるので魅力的です。部材の概算数量をExcelに出力する機能は単純な分だけ色々使えそうです。もっとももう少し踏み込まないと・・・と思いますが。

 GLOOBE2014