Croscopeのアップデート

 このブログを読んだのか??果たして疑問ですが、なんとCAD変換ソフトのCroscopeがアップデートされ、DRA-CAD11に対応(これは当たり前か)だけでなく、AutoCAD 2013/2014に対応しました!!これは大きいですね。従来からのユーザーは得した!!と涙を流して喜ぶでしょう(大げさ)。
 多機能なCADビューアが減ってきているなか、Croscopeは貴重な存在です。管理部門で持つのが本来の使い方かもしれませんが、CADの補助として、ビューアとして、変換ソフトとして・・・様々な使い方が考えられます。パソコン1台に1本入れておきたいソフトです。