韓国の複数のテレビ局や銀行等に大規模サイバー攻撃の恐怖

 韓国で大変なことが発生しました。悪意を持つ攻撃者の手が、今回は韓国だったということだけで、日本であろうとアメリカであろうと発生しうることを予想できる恐ろしい事件です。
 サイバー攻撃の可能性が高いといいつつ、まだ原因ははっきりしていません(悪質なコンピューターウイルスの流布だそうです)。銀行では窓口業務が停止。ATMやインターネットバンキングが一斉にダウン!コンピューターでつながった社会の脆弱さを改めて浮き彫りにした結果でした。パソコンではOSが見つからないというメッセージ、コンピュータシステムのダウン・・・そうした現象が、一つの企業だけでなく複数の企業で、しかもほぼ同時に発生しているというのは憂慮すべき事態です。
 日本だって十分に可能性があります。我々は、地震等災害に備える必要もありますが、こういった事態へも備える必要があります。隣国の出来事と片付けずに、教訓として学ばなければなりません。