期待の新世代サービスGunosy

 古きよき時代を懐古するよりも、新しき時代を生きていかねばなりません。Gunosyは危うい部分を持ちつつも今後のトレンドになりつつ期待のサービスです。

 Gunosyは、TwitterやFacebookなどのSNSと連携し、自分の興味にあった記事やニュースを毎日届けてくれるサービスです。スマートフォン版もでていて、毎朝、ピックアップしたニュースを届けてくれます。

 ウェブサーフィンは、情報を探すのが楽しかったのですが、今の時代インターネットには情報があふれすぎています。その中から自分の好みの情報をいち早く得るのは難しくなっています。あれほど重宝していたGoogleの検索ですら、なかなか見つからなかったりします。

 Gunosyは東大大学院生3人が立ち上げた国産のサービスです。非常に手軽です。登録して、Facebookやtwitterと連携するだけ・・・です。あとはGunosyが過去のtwitterやFacebookの投稿内容の傾向などを分析して、ユーザーの関心を惹くと思われる情報を、毎朝自動でメール配信してくれるというもの。設定などは特にしなくてもいいので、非常に手頃です。スマートフォンアプリでは、メールが届いたら通知してくれて、その内容の一覧に素早くアクセスできるようになっています。

 私の場合、電子書籍、教育、ビジネス・・・などの内容が多いですね。なまあず日記とは、ちょっと傾向が違っているのが面白いです。電車内などで手軽にチェックできる程度なので気楽ですね。RSSリーダーだと、すぐに溜まってしまいますし・・・。やはり新世代のサービスだけのことはあります。

 ただ、自分の好みの情報だけを読むようになると、情報の偏りが顕著になります。そのあたりを頭にいれて使いたいです。私もネットを使うようになってから、新聞や雑誌をたくさん読むようになりました。特に新聞は、一目で興味のない内容と興味のある内容がごっちゃに入ってきます。できるだけ偏りなく読むにはまだまだ新聞はいいです。その点では電子版の新聞も一覧性という意味では劣ります。
 人間誰でも好きな情報のみを見たいです。でもそれではなかなか知識は広がりません。インターネットによって情報の我が儘が満たされるようになりましたが、その状況を打破する努力は、今後更に難しくなると思います。スマートフォンは万能ではなく、視野を狭める凶器となりつつある今、一層の注意が必要となっています。