Xperia VLとXperia Z

 ドコモからXperia Zが発売されますね。久々にソニーらしい気合いの入った機種です。発売タイミング以外いうことなし!のスペックですね。ソニーファンならずとも欲しい携帯の上位に位置するのではないでしょうか?
 何よりも5インチのフルハイビジョン液晶は、高精細!!5インチというのは非常に操作しやすいし見やすいです!スペック重視の人だけじゃ無く、既存のスマートフォンは見にくいと思っている人には朗報でしょう。大きい割に薄いのもポイントです。また便利な卓上ホルダもあります。一度使うと手放せません!もっともソニーのは市販のカバーを装着したままセットできません。まあ細かい話ですが。カメラも世界初搭載らしい裏面照射型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」による1310万画素のカメラを搭載しています。HDRによる撮影ができるということで、かなり期待できます。そもそもXperia VLのカメラも地味に優秀でしたからこれを上回るなら非常にありがたいです。VLユーザーからみると、自動アップロード機能が追加されたことがうらやましいです。Wi-Fi接続時のみ!アップロードも可能なようです。
 Xpreiaらしく音楽機能は充実していますし防水防塵です。死角がないようですが、Xpreia VLなど旧世代に比べて負けている部分もあります。
 まず電池を交換できないこと。2330mAhという大容量とはいえ、この仕様はちょっと残念。VLはあんなに薄くて軽いのに交換できます。強制リセットがきかないとき電池を抜くという荒技ができるのはVLの強みでした。また持ちやすさはVLは片手でなんとかもてますがZは厳しいです。この差は大きいです。VLはもちろん画面が小さいわけですが、120gという軽量ボディーと、不思議と持つ電池、扱い安い大きさという意味では、もう少し評価が高くても良いと思っています。
 スペック重視で大きな画面を持つと言う意味ではタブレットにその役割を譲るべきですが、一台で済ましたい!というユーザーにはXperia Zはかなり買いな端末であるのは間違いありません。