月別アーカイブ: 2013年2月

なまあず本舗オリジナル??なミニ製図台発売予定!

 私が子供の頃、父親は何かの板に向かって必死に作業していました。その板はドラフターといい、製図台でした。今では手書き図面はほとんどなくなりましたが、建築士試験は未だ手書きです。しかしCADで製図する!というのは味気ないですね。私が歳取っただけですか・・・。
 さて設計事務所が母体の、なまあず本舗では、この状況を憂い(CAD売っているでしょう・・・)、ミニ製図台を発売することになりました。
 私は、保育園にいたころからドラフターをいじっていた人間なので、おそらく小学生くらいから使えるのではないでしょうか?子どもにも使えるように、オリジナルマニュアルをつけて販売します。もちろんDVD動画マニュアル付きです。他にも製図台の活用方法を書いた小冊子も添付予定です。
 将来建築家を目指す子ども向け、これから家を建てようと思うお父さん、建築士試験を受ける受験生で一台の製図台は家にあり職場でも練習したい!という方、製図台で線を書く快感が忘れられない建築士の方!楽しみに待っていてくださいね。2013年4月発売予定♪

久々のマルチリスイレーサー旧型の販売

 なまあずショップで大人気だったマルチリスイレーサー。未だに在庫があれば売れ続けるベストセラーです。3種類あるのですが、3種類とも売れていますね。もちろん一番人気はすでに製造中止になっている旧型の40-2547。今回まとまった数(といってもわずかですが・・・)を入荷したので3月の楽天スーパーSALE等で随時販売します。予約・店頭販売は不可です。特に良質のものも入荷したので、その5本は期日を変えて販売します。お得なセット物を含めて計12本分を掲載しました。残りは・・・後日お知らせします。
 本当は単体で売りたいのですが・・・アウトレット物の品質があまりにも安定しないので・・・高い価格(無理をいって譲ってもらっているので仕入れ価格が非常に高い)なのに不公平。価格体系はいびつですがある意味おまけ的に販売しています。ただし今回は珍しく良品で差が少ないので、単体販売もしています。


マルチリスイレーサー旧型 40-2547
高くて申し訳ない・・・

ソニー Cyber-shotのDSC-HX300

 デジカメでも最近ソニーらしさが薄れているといわれています。まあ性能は高いのだからガタガタ言わないこと!で、このHX300です。
 50倍の光学ズームです。もう笑っちゃいます。24ミリから!というのもいいです。こっちはかなり魅力的!そして望遠は驚異の1200ミリ!!はい。月のクレーターは楽勝ですね。2群防振手ブレ補正なるものが、どれくらい効くか?がこのカメラのキモとなるでしょう。ビデオカメラで培った手ぶれ補正がどれだけ効果的に搭載できているか?ということでしょう。何しろ常時作動ですから。暗いシーンでのオートフォーカスも特記されていますが、これもある程度期待できれば、非常に化ける機種になりそうです。メカニカルシャッター搭載も魅力的です。
 さて、暗所に強そうなイメージがありますが、レンズはカールツアイス。Fは2.8
~6.3。頑張っているけど望遠はやっぱり暗い。逆に広角はそれなりに魅力的。もちろん動画中も光学ズーム可能です。そして感度は驚異すぎるISO12800!!。一部のデジイチを超えていますね・・・画質は・・・期待です。露出が30秒まで使えそうなので、ちょっとした天体写真にも面白いかもしれません。何しろ1200ミリでF6.3がこの小型の筐体に収まっているわけですから。電子水準器もついていますし。バッテリーがNP-BX1とそれほど期待できないのが残念といえば残念。
 マルチアングルや、ピントも手動で操作ができるのも天文用としては魅力です。個人的にはメモリーリコールがダイヤルにセットしてあるのが好みです。どっかのミラーレス一眼に取り除かれているものがすべて搭載してあるのが興味深いです。
 デジイチと違って、アクセサリーでお金を失うことが少ないのが決定的な魅力です。たぶんバッテリーくらいしか買うものないでしょう??はっきりいってデジイチより割高ですが、その後を考えるといいかもしれません。特に天文用としての素性は興味深いです。


【送料無料】ソニー Cyber-shot DSC-HX300 BC 《3月8日発売予定》

名刺管理アプリ「Eight」

 個人的に、名刺はほとんど管理しません(きっぱり)。もちろん住所録などには登録し、いつ会って・・・など最低限のことは行うようになりましたが。
 さて、尊敬する建築家のK氏より、Eightのリクエストがありました。面白いサービスですね。名刺管理アプリ・・・とでもいうのでしょうか?カメラで撮影して登録していく・・・のだが、テキストデータにしてくれるし、名刺が更新されたら、自動的に更新されます。ただ私のようにたくさん名刺の種類がある場合どうするのかな??という不安はありますが・・・Facebookでもリンクして交換できるのもいいです。あのうるさいリクエストもなく、登録しているもの同士だけ、自動的にリンクするみたいなので安心です。
 そのうち有料オプションも登場するようです。私もビジネスマンとしてしっかり名刺を管理・活用できれば、と思います。

キングジムのポメラの新モデル「DM25」

 久々にポメラの新モデルが発売されました。DM25です。
 ポメラは文章を作成するのに特化したキーボード付き文字入力機です。最初のポメラは、テキストのみ読み書きでき、折りたたみキーボードで人気がありました。その後バリエーションが増えました。DM25は、折りたたみ時の厚さが29mmと従来に比べて薄いです。といっても十分分厚いです。まあ良質のキーボードを搭載しているということで・・・。
 縦書き表示やフレーム表示、グリッド表示などにも対応。PC版ATOKで学習したユーザー辞書も2万語までインポート可能です。そう、この機種はATOKが搭載されています。今まで見たATOKの中では一番低い性能ですが、それでもATOKは侮れません。
 エネループ2本で約15時間動くこのマシンは今後も議事録作成などで威力を発揮すると思います。通信機能は・・・いらないかな??

次世代グループウェア「desknet's NEO」の中小規模向けパッケージ版

 株式会社ネオジャパン(すみません。会社名いつも忘れます)のグループウェア「desknet’s NEO」の中小規模向けのパッケージ(スモールライセンス)を26日より販売開始したそうです。大規模向けと同じ機能を利用できるのがウリです。価格は5ユーザー39800円(税別)。他社の指定製品(う~ん♪下記参照)からの乗換価格も新たに設定されました。7割引き(本当??)だそうです。やる気を感じますね。
 desknet’s NEOは最新鋭のグループウェアで昨年末に発売されています。HTML5採用でユーザーインターフェイスも近代化しました。もちろんタブレットやスマートフォンでも利用できます。何より大規模から小規模まで同じ商品を使えると言うのは魅力的です。もちろん元々完成度の高いDesknet’sですから導入も不安がありません。
 desknet’sのクラウド版のon Cloudの動きにも影響が出てくるかもしれません。on Cloudの月次料金は380円~と安価。はたして今後どのように製品を展開するのか??目が離せません。

※70%OFFの対象商品
 Lotus Notes/Domino、Microsoft Exchange Server、サイボウズOffice、サイボウズガルーン

証券会社の営業さんのセールストークの変化

 リーマンショック以来、株を取り巻く環境が厳しかったので、証券会社の営業さんの言葉も濁りがち・・・でしたが、最近の株高で声音が明るくなりましたね。きっと引き合いも多いのでしょう。悪いときも悪いなりに成果を上げなければならないのが営業。手を変え品を変え・・・思ったより大変な仕事です。
 「株が上がってきましたね!」とか「今から株始めませんか?」とか、明るいトークが出てきます。確かに気分的にはまだまだ上がるつもりでしょうから(そんな感じの雰囲気になってきましたものね)、実際言っていても気持ちいいのでしょう。
 その点、マンションの営業マンは覚悟が座っています。どんなに状況が悪くても「買い時は今です!」と言い切ります。もちろん心の中はいろいろあるんでしょうけど。そんなこと考えていたら売れませんものね。マンション。こちらからすれば一生一度の買い物かもしれませんが、営業マンからみたら、超高額の商品に過ぎません。揺れる心を見せたら失格かもしれませんね。
 もっとも常に売れている商品であれば、営業マンは必要ないのかもしれません。そんな商品を常に販売できたら・・・と思ってしまいますが、それは難しいです。やはり営業という仕事は大切です。

関東近辺の群発地震

 週刊誌で騒がれている箱根の群発地震。一ヶ月で1400回ものほとんど体に感じない微少な地震が発生しているようです。箱根と言えば有史以来噴火の記録はなく、約3000年前という昔に噴火したのが最後らしい。だからといってまったく噴火しない!というわけではないので、ちょっと怖いです。箱根駅伝が開催できなくなるし・・・。
 さて、昨日緊急地震速報ソフトを賑わしたのは、北関東の栃木付近の多数の地震。最大震度5強と比較的強く、他にも体感できる数多くの地震が発生し続けました。何でも東日本大震災の影響とは言いたくないのですが、日本列島はまだまだ地震が活発なことは理解できるでしょう。
 関東地方のことなので、ちょっと気になりますね。注意していきましょう。明日は、「緊急!池上彰と考える巨大地震」の放送ですね。2月27日午後7時から午後10時54分と長時間の特集です。TBS系です。地震に興味のある方は是非見てください。長いので録画のほうがいいかな??

モノクロプリンタも最近は良い機種が・・・

 富士ゼロックスからもモノクロプリンタの良い製品が発表になりました。
 最近、エプソンを中心にビジネス用のモノクロインクジェットの良い製品が発表されています。これらはインクタンクを大きめにし、インクジェットの欠点であったランニングコスト面をクリアし、インクジェットの良い点である低電力というメリットを打ち出しています。オフィス用とではかなり威力を発揮すると思われます。他メーカーも追従してきています。モノクロインクジェットの市場は再び熱くなりつつあります。
 さて、最近元気がないモノクロレーザー。カラーレーザーとの価格差は少なく、良い製品も少ないです。キャノンのsateraの複合機・モノクロプリンターは省エネにすぐれコンパクトで卒のないつくりです。しかも低価格帯でラインナップも豊富です。しかし高性能機はなく、若干物足りないのが実情です。
 そこへ、ゼロックスの新製品。DocuPrint P450 dとps。45ppmというA4機では高速なレーザープリンタです。しかもpsはPostScript3に対応した上級版です。
 高速なだけでなく、配送伝票や圧着はがき、カード型の国民健康保険被保険者証など、特殊用紙への出力が可能で、4段トレイにも対応しています。同社の商品としてはめずらしく無線LANにも対応しています。
 同時に発売されたP350dは、ファーストプリントタイムが約5.5秒で窓口業務向けモデル。P250dwは、コンパクトながら30ppmの高速性を誇るエントリーモデル。
 P450dは、活用の仕方を久々に考えようと思えるスペックで、要注目です。おそらく構造計算書印刷などでは非常に威力を発揮しそうです。何しろ両面でも27ppmですから・・・。価格も売価ベースで10万円を切ってくるのも魅力的です。