GLOOBE2013 国産BIMの正念場??

 福井コンピュータより、国産のBIMとして発売されているGLOOBE。まわりで使っている人を見たことがありません。まあある程度規模が大きい建物に適するはずですから、我々の周囲にはいないはずです。有料のCADを使っている人も少ないくらいですから。さてそのGLOOBEの定例のバージョンアップGLOOBE2013が発表されましたね。だんだん完成度も高くなって使いやすさも向上しているようです。
 アーキトレンドと同様の2次元CADのデータを立体化する「2D BIMアシスト」機能を搭載しました。アーキトレンドでも使っている人がいるの??と思う機能ですが、案外便利なのかもしれません。他システムとの連携を更に強化したみたいです。構造計算ソフトの対応が増えれば便利になると思います。ありがたいのが図面整合チェック機能。これはアーキトレンドでも便利でした。
 全体的にアーキトレンドの便利で定評のある機能を取り込んでいる感があります。確かに新機能を搭載するよりも、安全です。しかもまだまだアーキトレンドに追いついていないわけですから。しかし次世代のCADをせっかく開発しているわけですから、先駆的な機能をどんどん提案してほしいものです。そうでなければ選ぶ意味がありませんから。しかしいいBIMソフトになってきました。今後に期待です。