2012年改訂版対応木造耐震診断ソフト比較

 はい。ようやく記事を書き始めました。商工まつりで数日間あまり触れませんでしたからね・・・。今回は、各価格帯毎の代表的なソフトを抽出して、比較・考察しています。なまあずソリューションのホームページで発表いたします。
 今回利用したソフトは、

低価格帯:耐震check(一般診断法)
ミドルレンジ:HOUSE-DOC(精密診断法1)
耐震技術者向け:安心精密診断2012(精密診断法2)

 という、著名かつ信頼性の高い代表的なソフト三本です。あえて同レベルを選ばなかったのは、今回の改訂が2004年版のマイナーチェンジであり、どのソフトも改訂内容を織り込んでいるのに、新機能は少ないから、2004年版のことを知っていれば選択は容易と考えられたからですね。1万円台から30万円台のソフトを比較することは少ないのですが、選択するうえでは有意義だと思います。今回も3本とも正規に購入し比較しています(金欠・・・涙)。
 ソフトウェアの選択よりも技術者の日々の学習と研鑽が大事なのは、百も承知です。私も比較を行う上で、改訂版の学習などを先に1ヶ月ほど行ってきました。技術者ではないですが、技術者に出来るだけ近づいた能力を持って比較をしてみようと思っています。
 近々なまあずソリューションのホームページで公開します。お楽しみに!