月別アーカイブ: 2012年8月

構造設計者必須のアイテムなのかCroscope!

 今日、構造トレインNZXの申込書を作っていました。JWWやDWGやDRAなんとかのファイル毎に作ります。こういうとき、昔は結構大変だったのですが、今はCroscopeがあるので、非常に楽です。構造屋さんも意匠屋さんの様々なCADに対応しなければならないので大変ですね。事実、本舗は、CADを揃える費用は経営を圧迫しかねません(社長が浪費しているだけだろ??)。
 そんなときCroscopeがあれば非常に便利です。JWWやDWG、DXFの変換が自由にできます。PDFにも変換できますから自由度は高いです。もちろんDRA-CADの各形式にも対応します。そしてJPEGにも変換できるので、ホームページを作るときも重宝しますね。このような多機能変換ソフトがあると、いろいろ便利です。特に構造屋さんは便利でしょうね。ネットで送られてくるファイルを一つのソフトで管理できますからね。ビューアーとしても便利ですから変換以外にも活用できます。


PDFを含む多種の画像データ、CADデータに対応した統合型多機能ビューア。【ポイント2倍】【送料無料】FMシステム Croscope【Win版】 CROSCOPEW [CROSCOPEW]
 あえて、某ショップは紹介しません!

楽天Point Clubにダイヤモンドを新設

 楽天のポイントプログラムを利用の方は既知だと思うが、インターネットウォッチに出ていたので書きます。9月2日からだそうです。プラチナの上だそうです。特典が新たに加わります。過去6ヶ月間で楽天スーパーポイントの獲得数が4000ポイント以上、獲得回数が30回に達していること+楽天カードを保有というヘビーユーザーなら楽勝だが、一般ユーザーにはなかなか高いハードルとなっています。楽天市場としてはヘビーユーザーを増やしたいはずですから、なかなかいい作戦だと思います。
 私も当然のようにダイヤモンドに移行します♪

開設2900日

なまあず日記をお読み頂きありがとうございます。
おかげさまで開設より2900日を経過いたしました。あと100日で3000日です。記事数の割にサボっている日があるので、記載率では85%を超える程度ですが、なかなかよく続いているなと思っています。
個人ブログはアメブロに移行しましたが、どちらも長所短所があり、面白かったです。現在FC2など他のブログも利用していますが、最近ブログは進化しないのがちょっと残念です。楽天ブログなどは退化すらしています。それでも気軽に誰にでも情報発信という意味ではtwitterやFacebookよりも向いているので、今後も健全な進化をしていって欲しいものです。

サムソンよりWindowsPhone8発表

 なぜ??という感じもありますが、WindowsMobileは結構良い製品だしていましたからね。サムソン。そういった意味では妥当かもしれない今回の発表。
 ATIV Sはなかなか魅力的に見えます。もちろんATIV Tabのほうが魅力的ですが・・・。一社でマイクロソフトのラインナップを揃えようという心意気と、この時期にきちんと発表できることは大事です。
 さて、ATIV Sは、デュアルコアプロセッサと4.8液晶を搭載したWindowsPhone8のスマートフォンです。重さは135g。IS12Tという名機を出した東芝系から何とか対抗機を出して欲しいところ。日本のメーカーも頑張れ!

改正高齢者雇用安定法が成立

 29日に無事成立しましたね。政治混乱の時期でも進むものは進むものです。良いか悪いか?は別として。
 来年4月から厚生年金の支給開始年齢が段階的に引き上げられることに伴う措置なので、さっさと決まってしまうんでしょうね。
 さて、「若い世代へのしわ寄せ」「企業への負担増」など後ろ向きの見解も多く見られますが、労働力が足りなくなるので、これも解決の一つと考えることもできます。
 もっとも私の所属する団体の所属年齢を見ると65以上の方も沢山いらっしゃいます。しかも元気です。動ける間は元気に頑張ってもらった方がいいです。これで若者阻害というなら、若者が彼らに負けない元気を持つ必要があるのではないでしょうか?ただし仕事が出来ないと判断したら引退する覚悟も必要でしょう。いられるからといって、いつまでもダラダラ・・・というわけにはいかないでしょうね。そのあたりは難しい問題です。

32万人??南海トラフ地震の被害想定の衝撃

 はい。発表内容は、だいたい想定の範囲内です。東日本大震災を想定できなかった学者達が、いきなりレベルアップするはずがありません。これは彼らの能力が低いということではなく、こんな短期間で研究が進むほど簡単な分野ではないということです。というわけで、想定できうる最大を予測する作業に移ったようです。そのため、現在の常識では常識外の被害想定になったのでしょう。この想定は超えることがないだろう・・・と。
 それでも時間をかけシミュレーションしたことは、意義がありますね。しかも対策を講じれば被害が少なくなるという「当たり前のこと」を強調することも、丁寧でいいと思います。
 幸い、私が住む府中は、被害予測はないみたいです。あくまで南海トラフですからね。かなり遠方です。しかし他の地震は・・・と考えるといろいろ頭がいたいところ。我々事業者は、地震への被害を減少させるために、新築住宅をきちんと設計し、耐震診断を適正に行い、補強を行う。これが大事だと思っています。


初めて木造耐震診断に挑戦される方向け!HOUSE-DOC Ver3スターターセット(黒板らく太郎付!)木造耐震診断ソフト

ショップのFacebookページの統合

 Facebookって面倒です。ブログの気軽さやホームページの自由さはありません。まあ若干公共的といえば公共的ですから。
 なまあずショップの位置を登録したのですが、Facebookページのなまあずショップのページと統合できません。もちろん手続きをすればいいのですが、案外時間と手間がかかります。しかもFacebookはルールがどんどん変わっているので、そういうノウハウを書いたホームページ、書籍、ブログなどの内容がすぐに役に立たなくなります。画面キャプチャーなんてしたら、本当にすぐに陳腐化します・・・。これでいいのかな??みんなで気軽に使えるサービスのはずなのに・・・と思います。個人的にはあまり好きではありませんが、経営者としては、やはりやらないとと思ってしまいます。
 というわけでなまあずショップ(店舗)のFacebookページです。イベント情報などを掲載しています。
なまあずショップのFacebook

サイボウズLiveのAndroidアプリ、新着情報のプッシュ通知に対応

したそうです。ただ、画面の使いやすさなどは、力を入れていないはずのWindowsPhoneのほうが良い感じなのが不思議。サイボウズは、KUNAIもそうだけど、アプリの作り方やスマートフォン対応に迷走しているような気がします。難しく考えすぎているような・・・。ちなみにiPhone版も近日中にプッシュ通知機能を提供するそうです。

弥生の「弥生オンライン」がいよいよ・・・

 9月3日開始とアナウンスされている「弥生オンライン」。数あるこの手のサービスの中でもなかなか興味深いサービスです。その第一弾は店舗経営者向けに特化した「やよいの店舗経営オンライン」です。
 そもそも「弥生オンライン」は中途半端なコンセプトなサービスです。しかしながら現時点ではかなり実用的な仕様となっており、今後が楽しみなサービスです。近年流行のクラウドを取り込みつつ、今までの会計事務所への「丸投げ」や、会計ソフト導入による「自計化」にかわる第三の選択肢として「半自計化」というものを提供しようとしています。
 まず日々の入出金をオンラインで記録します。すると会計事務所側が弥生会計AEに取り込んで会計処理を実施します。今までなら自分で全部仕分けまで入力し処理する(自計化)か、会計事務所に領収書などを送って入力から帳票作成までやってもらう(丸投げ)のどちらかが多かったのですが、簡単な処理は自分でやってしまい、会計事務所は仕分けから帳票作成までを行う・・・という形です。会計事務所側も省力化でき、経営の問題店を逐一レポートしアドバイスするという業務を行うことで、店側にも帳簿面だけでなく、経営面での効果も期待できるわけです。申し込みは弥生のパートナー会計事務所経由で行う。
 月額使用料は1470円。価格的にもメリットが高いです。小さなショップなどでは帳簿や申告書類をつけるだけでも負担は大きいです。その意味でこの手のサービスは今後もどんどん進化を続けていって欲しいものです。