日別アーカイブ: 2012/07/22

出張1日目

 いろいろな事態を打開すべく、今回のミニミニ出張を決めたわけです。府中市では競馬場の花火大会が終わる前を狙って出発。高速を飛ばす。渋滞嫌いな私は、夜の移動が似合うと思っています。もちろん雨付です(涙)。目的地は周囲に行っていた場所ではなく・・・。アドバイスを聞きにとある人を訪問。そのあと元の位置に戻って打ち合わせ。ちょっと深刻なことなので、慎重に答えなきゃ。
 そのあと、宿にチェックインし近くの温泉へ。珍しく調べておいたのでスムーズに。まあ日曜の夜なので混雑していますが。久々に大きな風呂に入れました。時間がないのでマッハでしたけど。
 明日は朝から耐震補強の現場へ。そのあと・・・いろいろありますが、自分にかかえること、人が抱えること、解決してこようと思います。それにしてもこの位置、私にとってヘソですね。ここからの移動はいろいろ楽。移動戦は本来得意なはずだが、府中に閉じ込められていましたからね。たまに出たときは派手に動こうと思います。

東京都の耐震診断の試験

 正式名称は、東京都木造住宅耐震診断技術者育成講習会及び終了考査という長い名前ですが、本日試験がありました。本舗からも2名受験しました。タイムスケジュールを見ると17時15分までとあるので、終わったところでしょうか??
 この試験の初回は非常に難易度が高く、名のある耐震技術者も落ちるという波乱もありました。今は合格者も増え東京都では一定の立場を得られるようになりました。しかし試験は試験。取っただけの人や、そのあとスキルアップをしていない人が出てくるなど、若干の問題点も出てきているのも事実です。
 しかし制度自体の問題とは異なった部分での問題も出てきています。というのは、自治体の助成金対象の耐震診断の取り扱いが行政によって大幅に異なることです。この試験を通れば良い、というところから特定の団体に所属し、チェックを受けなければならないというところまで様々です。また診断内容も、精密診断法、一般診断法とまちまちです。各行政が考えて制度を作っているので文句をいうわけではありませんが、わかりにくいのも事実です。
 ただ、耐震診断のチェックを行っていた人間の一意見として、耐震診断の技術レベルは個人差が大きく、また非常にミスが多いものだということです。チェックをしていて思ったのは、せめて図面と診断書の相違点だけはなくしてくれ、ということでしたが、それも案外多いのです。立場上、いろいろな人の診断書を見るのですが、やはりミスが多いですし、勘違いや解釈不足も多いのです。だからこそ、一定の団体に所属し、勉強を行い、チェックをしてもらうというのが一番いいと思います。しかし、独占になってしまうし、その団体を仕切る人間のスキルや人間性によって、大きく左右されてしまうことも懸念材料として残ります。
 東京都のこの制度と、耐震診断の団体との競合も問題になっています。できれば東京都のこの制度もチェック体制を築き上げ、スキルアップをする場を増やすことで、更に良い制度になると思います。もちろん個人個人のスキルアップが一番重要なのは言うまでもありません。

今年二回目の外泊

 身持ちの堅い私は、まず外泊しません!・・・仕事以外では。仕事でも外泊するってほとんどありません。佐渡島は別ですけど・・・。まあ、天文が趣味なんで夜通し・・・ってパターンが多いので泊まらないだけかもしれませんが。
 
 さて、今日は4月以来の外泊です。4月は筑波でしたもんね。あの頃は寒かった!しかも雨の中の降雨施設の見学って・・・。

 今回はバリバリ仕事。っていっても仕事半分、研究半分って感じですが。あまり遠くないのですが、複数のことが重なっていて埼玉県を中心に飛び回ります♪というわけで今日から火曜日の午後まで府中を留守します♪
 所用の方は携帯かメールにて。

 

HOUSE-DOCの出荷予定は7月末から8月頭

 問い合わせが多いのですが、上記のように答えています。といってもメーカーさんの出荷数が多いので、発送初日に全部を送付できるとは思えませんが。というわけで、出荷日が近づいています。某ショップにもお問い合わせがチラホラ。そろそろ注文が重なりだす時期です。バージョンアップをお考えの方、今のうちに注文お願いします(_ _)。新規もね。

・・・・

 といいつつ・・・・あれ??うちも注文していないですねえ(確信犯!)。

 はい。今週注文します。

 某部会では、一斉に新バージョンに移行するそうです。足並みを揃えて♪ということです。他の部会の中に「来年の3月」なんて悠長なことをいっている遠方の方がいらっしゃいましたが、案外早く実戦に導入してくるみたいです。安心精密診断2012-2も早く到着しないかな??

iP4100が壊れiP4930にしました

 会社の一番古いプリンタで唯一のインクジェットiP4100が壊れました。このキャノンのインクジェットは非常に頑丈らしく私以外でも使い続けている人がいます。駆動系は大丈夫なのですがヘッドがやられましたね。8年も前の機種です。しかももう少ししたら秋の新商品がでるのに・・・しかし暑中見舞いのはがきを印刷するので仕方が無く、後継機を探しにケーズデンキへ。
 他社も含め、単機能プリンタは少なく、ほとんどが複合機型。大きさを出来るだけ小さくしたいので、選択肢は少なかったです。そして結局機能やバランスと安心感を考えiP4930にしました。1万円以上するのは、他の機種と比べると高いのですが、使い勝手を変えたくないし、いろいろな意味でバランスが優れた機種です。
 違いを探すことが難しいくらい似ている両者。できることも実はほとんど変わりません。見た目も・・・。インクが7系から最新の三桁系に変わったくらい。5本独立も黒が二種類なのも変わりません。この多色の写真プリンタを除けば、かなり本格的な写真でも大丈夫だったiP4100から見れば、スペックアップもたかがしれていますね。ソフトが若干進化したくらいですが、私は使いません。年賀状や暑中見舞いなどのはがき印刷がメインです。決して悪い機種ではありませんが、ほとんど進化を感じられないのは残念です。
 ただそれだけiP4100の完成度が高かったと言うことです。今年も1000枚以上暑中見舞いをするわけですから、iP4930に頑張ってもらわねば。よろしくねiP4930!


【7/24am9:59迄ポイント3倍】【Joshinは平成20/22年度製品安全対策優良企業 連続受賞・プライバシーマーク取得企業】PIXUS IP4930【税込】 キヤノン A4対応 インクジェットプリンタ [PIXUSIP4930]【返品種別A】【送料無料】
 デザインも複合機に比べたら上品でいいです。