日別アーカイブ: 2012/07/11

木造耐震診断ソフト回顧録 第一回 REX

 これから、不定期連載で、過去に使ったり触ったりした木造耐震診断ソフトの回顧録を書いていきます。まあ私の備忘録代わりで(笑)。

第一回 レックス
 私の会社の前身は、古くから木造耐震診断に携わっていました。パソコンソフトで一番始めに導入したのはレックスという耐震診断ソフトです。詳しい情報はわかりません。私も入社間もないころでした。インストールディスクもフロッピーデスクであり、dataも残っていないので詳しいことはわかりません。ただ偏心率の計算ができたような気がします。操作も当時のウィンドウズソフトとしては独特で、安定性がありませんでした。我慢して使っていましたね。当時は耐震診断の理論も分からず当時の社長の命令で入力していましたね。その頃の耐震診断の値段は5万円でした。まだ耐震診断が一般的でなかったので、大手からはリリースされていなかったのでしょうか??

耐震診断のダブルチェック

 私が所属している部会では、木造耐震診断は、診断を行った人が審査者にチェックしてもらう体制を早期から整えています。もちろん診断者だって自分でチェックしていますが、凡ミスなんかもあるかもしれません。また間違った判断をしているかもしれません。そんなわけで、最終チェックを診断技量が高い他の会員がチェックを行う体制を築き上げています。信頼性の向上と、診断者の技量向上に役に立つので、導入していない団体は是非とも導入して欲しいものです。

 さて、その際問題になるのは、診断ソフトの種類。いろいろな種類があるとチェック者も大変です。またチェックが難しいソフトですと、チェックミスの可能性も高くなります。やはり同一団体内では、同じソフトをみんなで導入することが理想です。そして、チェックしやすいソフトを導入することをお勧めします。

 さて、そのような用途に向くソフトは??まず候補に挙げられるのは、エイム株式会社の木耐博士Sです。まず帳票が見やすくチェックしやすいです。他のソフトが帳票が縦なのに対し、帳票が横で画面上でもチェックしやすいです。なぜなら入力画面も横だからです。他社が縦帳票が多いのは謎です。機能も少ないし、一般診断専用ということで非常にバランスが取れている良いソフトです。建防協のプログラム評価も受けています。会員数が多い木耐協が標準で採用しているだけのことはあります。木耐協専用と思われがちですが、一般の方でも購入できます。悲しいのは2012年改訂版への対応はまだ未定という点です。価格も1ヶ月単位から申し込みできますし、3年で5万円程度というサポートのあるソフトでは格安です。

 次にお勧めなのは、お馴染みHOUSE-DOC。こちらは若干高いものの、構造計算ソフトで定評のある構造システムの老舗耐震診断ソフト。精密診断法1にも対応しています。帳票は縦ですが、画面構成がシンプルで操作しやすく、帳票だけでなく、画面上でのチェックにも適したソフトです。つまり印刷しなくてもチェックしやすいです。これは個人で利用していても非常にありがたいポイントです。多機能で何でもできるといわれるソフトは、非常にチェックがしにくいのが現状です。

 私が所属する支部は、HOUSE-DOCで統一しているため、チェックも迅速に行えるのでチェック者の負担を軽減しています。また操作内容も同じなため、支部内での学習なども効率的に行うことができました。勉強会などもソフトの差異を考えずにできるので、会員内でのレベルの差を減らし、統一した見解で診断を行うことができます。

 1人の力で診断するというのは、ある意味危険なことです。やはり情報は技術者間で共有し、お互いチェックし、技量向上をともに行い、技を磨いていく。これが必要な時代だと感じています。


他社耐震診断ソフトからの乗り換え優待版!おまけがたくさんでお得!乗り換え優待!HOUSE-DOC Ver3(2012年改訂版木造住宅の耐震診断と補強方法対応)
 他社製品から2012年改訂版対応のHOUSE-DOC Ver3に乗り換えるお得なセットです。おまけたくさん!


初めて木造耐震診断に挑戦される方向け!HOUSE-DOC Ver3スターターセット(黒板らく太郎付!)
 これから木造耐震診断を行う方に適した、解説書、道具などをセットにした人気のセット!

ネット上の評判の危うさ

 ネット上の情報スピードの速さ、量も人間が処理できる領域を超え始めた感じがします。私が単に老化しただけではないと思います(もちろん老化も劣化もしています)。mixi、twitter、Facebook・・・これらのソーシャルメディアは評判などまで制御できてしまう恐れのある、使い方によっては怖いツールでもあります。「いいね」がたくさんあれば信用できそうですが、身内総動員でやっている場合など、やっぱりな・・・と思ったりもします。個人間のツールのはずが、企業にとっても重要なツールになりつつあります。内情を知らないと怖いことになりそうです。便利で無料で使えるもの・・・といったらテレビやラジオ(購入価格を除く)がありましたから、ソーシャルメディアもそう珍しいものではありません(スマホやパソコンは購入しなければいけませんし)。
 そして使っていてつくづく思うのは、使っていない人も多いこと。だから気にすること無いのかもしれません。

カニパーティー

 久々に会社のフルメンバーが集まって飲み会。その名も「カニパーティー」。ちょっとハードな仕事が続いていましたからね。お疲れさん会です。本当は設計リフォーム担当Oの某資格(建築士試験ではない)の合格祝いで企画したのですが、まだ試験結果でていないし・・・勝手に構造担当Gが予約をとって企画しました。退院後、静養が続いていてあまり出勤しない元会長も参加してくれましたのでフルメンバー8名です。この人数は個室がとりやすく好きです。
 本当はカニ食べ放題を企画したかったのですが、この時期じゃ無理。というわけでカニがあるコースメニューにカニを更に追加して盛り上がりました。飲み放題なので私も飲み過ぎました・・・気がついたらビールだけ飲み続けていました。みんな飲み物が個性的すぎます・・・。当初の目的はどこへやら。平日なので早めに切り上げ帰途につきました。
 今日から夏休みまではノンストップで仕事。ハードな日程が続きますが、みんな元気乗り切ってほしいものです。